FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
新年の一冊。会心のナルケ本。

 年明け一冊目はナルケ本『就活に「日経」はいらない』。
正直なところ、『本は10冊』以来の会心の作品かと。
三が日に1冊は本を読んでおこうと酔いの抜けた3日の夕方、夕飯の買い出しついでに本屋で手にした逸品なのでした。

 タイトルは過激ながらも予想どおり、「日経通読必須」などといった一般的な就職活動ではなく、オリジナリティを出すことが就職に役にたつといったことが趣旨のお話。されど、就職活動とは人生の基盤となる仕事に携わる入口。その仕事にすでに携わっている社会人にも身にしみる節があるのです。
たとえば、面接やOB訪問で会社側が単に就活生を選ぶのではなく、逆にその面接官やOBを通して会社を評価されていること。そして、そういった就活生の窓口となる人は一般的に企業の前線に立っておらず、本質的にはその企業のことはわからないということ。つまり、本当に現場でほしい人材ではなく、教科書通りの選抜ルールを通った、いわゆる「粒選り」の人材しか採用されないということだったりするのです。


 現場の私ならほしい人材は以下の3点を兼ね備えたやつなのです。

 ・おもしろいやつ
 ・しつこいやつ
 ・かしこいやつ

 3つめの「かしこいやつ」は、知識を持っているやつでもなく、計算が早いやつでもなく、良識的な人間として正しく気持ちの良い答えと動きができるやつのこと。この本のなかでは「地頭の良い」やつと表現されています。しかしながら、この資質はなかなか見極めるのが難しい。いや、そうでないひとが見極めるのはは難しいのではないでしょうか。私にはできるけど・・・(笑)。

ともあれ、就活の学生さんもさることながら、すでに社会人の方々においても、刺激をうけられる本です。もちろん、これから将来、就活を迎える大学生、高校生、そしてその親御さんも必読かと。


 さて、本書を3時間ほどで読み切った後、即座に中学生の娘に「かならず読んどけ~」と手渡したところ、1時間ほどで返ってきました。「This is a pen のところ、おもしろかった」。
 ああ、しまった。学年でビリから何番目という英語の成績の彼女には、『日本人の9割に英語はいらない』を見せないようにしていたのに、ちょっとしたナルケ流英語教育否定の部分が一番の興味をひいてしまったようです・・・orz。

ナルケ師匠の娘さんと同じ名前のわが娘なら、なんとか8年後の就活も乗り切ってもらえるかな・・・w。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/01 (金) 14:20:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.