FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
「麺屋 風雷人」@センター北
moblog_1f33d2f3.jpg

栄枯盛衰の厳しい飲食業。
最寄駅の横浜市営地下鉄センター北駅も飲食店のスクラップ&ビルドが激しいです。
駅ビルの複合商業施設「あいたい」は、以前「ラーメン甲子園」なるラーメンコンプレックスがあったのですが、客足の低迷でなくなってしまいました。

ラーメン甲子園の閉幕

その跡地のフロアは工事中の風体がなかば恒久的状態となっており、そんな半永久なる改装中フロアに、「空海」さんと「梅蘭」さんがひそかに営業しています。

ショッピングタウンあいたい

先日は、地上階(かな?)にあった焼肉食べ放題の「サプライズ」が撤退(移転)し、その隣の居酒屋「べんてん」も撤退。
そしてこの「べんてん」跡地にできたのが「麺屋 風雷人」。

【新店速報】 センター北駅 「麺屋 風雷人」

先日、開店準備中のところをみつけてBlogにアップしていたお店です。5月10日(月)に予定どおりオープンいたしましたので、うかがってみました~。
201005furaijin_ramen

まずいただいたのは、「風ラーメン」(\750)。

醤油とんこつを標榜するも、やや淡い色のスープで、塩とんこつと言われても納得しそうな色合いです(笑)。
麺は中細のストレート麺。つけ麺とは使い分けていますね。
トッピングはちょっと炙りの入ったチャーシュー、メンマ、煮玉子、白髪葱、小葱、海苔。

家系といえば、そう見えなくもない風体です。

ただ、スープはマイルド。
というか底が浅い。
口当たりの良さに反比例してコクがあまりないです。
業務系スープのような平板な味わいですね。

201005furaijin_tsukemen

そして、「雷つけ麺」(\850)。

つけ麺の麺はやはり太麺ですね。麺自体は悪くありません。なかなかおいしいです。

つけ汁はラーメンと同じ見た目のスープ。味わいもほぼ同じ。
チャーシューの細切れと白髪葱などが入っています。
麺の上には極太のメンマ。

まず気付くのはつけ汁のぬるさ。
そして、つけ汁はちょっと薄いかなぁ。
ちなみにスープ割りのスープはポットに入ってます~

つけ麺の場合は、中盛、大盛にしても追加料金はかかりません。


うーん、ラーメン、つけ麺といただいての総評としては、スープをもう少し頑張ってほしいところでしょうか。

現状のクオリティでこのお値段はチャレンジングかなぁ。
ただ、トッピングのボリューム感はあるし、つけ麺は大盛りでも同料金ということを考えると、適正なお値段なのかもしれません。

いずれにせよ、今後のスープのブラッシュアップに期待したいですね。
そして、ちょっとさみしくなってきたセンター北駅の飲食業を盛り上げてください~

ごちそうさまでした~。


麺屋 風雷人 ホームページ
サッポロ製麺 ホームページ

スポンサーサイト





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.