FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
赤坂一点張
赤坂一点張 塩らーめん


赤坂で夕方より打ち合わせ。
では、その前に腹ごしらえをしておきましょう。

超ひさしぶりに日枝神社近くのじゃんがらへ向かいます。

え、あぁ・・・、じゃんがらが無くなっている・・・。


Et, tu, Jangara?
(エト・トゥ・ジャンガーラ?)

じゃんがらよ、お前もか・・・orz


TBS裏の「赤とんぼ」が昨年閉店し、今度は「九州じゃんがら赤坂店」も閉店とは・・・

その町ごとのラーメン文化というものがあるならば、もともとさして高くない赤坂のラーメン文化レベルは、この2店を失ったことによりさらに下がってしまったようですね。


とはいえ、まだいくつか私の好みのお店は赤坂にあります。
そのうちのひとつ、「一点張」にまいりましょう。

「一点張」は「味噌ラーメン」(\650)をメインとしているお店ですが、私が好きなのは「塩ラーメン」(\600)

「札幌ラーメン」を標榜しているその是非は別として、こちらの塩ラーメン、私の好みにマッチしているんですよねぇ。

豚骨、鶏ガラ、野菜などをベースとしたさっぱりとしたスープがたっぷりと入ったどんぶりに、ストレートの中太麺、トッピングはもっさりとモヤシ。
やはり、すっきりとした塩系ラーメンにはもやしが似合います~
赤坂の一等地でこのお値段をキープしているのも素晴らしいです。

いやはや、ごちそうさまでした~



さて、後日、じゃんがら赤坂店を憂い、ネットで調べてみると・・・・

じゃんがら赤坂店は、移転してただけなのね・・・

じゃんがら赤坂


ちゃんと移転先新店舗で営業してました。
(2008年7月より。もう半年以上経ってるのね・・・)

やはり、たまに行くお店はキチンと事前調査が必要ですねぇ。

うれしいやら、かなしいやら・・・(笑)



■Related Links

ぐるなびラーメン『赤坂一点張』
九州じゃんがら 赤坂店

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.