FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
味輝拉 (あきら)
味輝拉チョッテリ


昔、出張でつくばに行くことが多い時期がありました。
帰りは、タクシーで土浦まで出て常磐線で上野という、つくばエクスプレスがある今では考えられないほどの長旅でした。

そんな旅のつかれを癒すため、銀座線末広町で途中下車してよくいただいたのは、「元祖一条流がんこラーメン八代目」

細い縮れ麺が泳ぐ、澄んだスープの塩ラーメン。シソの風味が独特でしたね。さっぱりとした醤油ラーメンもおいしかったです。
いずれも、ちょっとしょっぱめで塩分取りすぎが気にはなりつつも、そのおいしさについつい足が向いてしまったお店なのでした。


そんな思い出のがんこ8代目ですが、私の生活圏近くの東急田園都市線の溝の口駅にその分家があります。
「味輝拉 (あきら)」です。

以前は溝の口駅と高津駅のあいだくらいの辺鄙なところにありました。
駅近くに移転してからははじめての訪問です。

「チョッテリの醤油」(@730)をいただきました。

背脂の量で、
アッサリ < チョッテリ < コッテリ
となります(笑)。

ひさしぶりでしたが、変わらぬおいしさです。
低加水のしっかりとした細い縮れ麺が好きです。

他にお客さんもいなかったので、独りで切り盛りしていたおきれいなママにうかがうと、
この麺はがんこチェーンで同じ製麺のようで、牡蠣の殻が練りこまれているとのこと。
なるほど、この腰のよさは牡蠣殻カルシウムなんですねぇ。勉強になりました~。


ところで、「味輝拉 (あきら)」とは、想像するに「味の輝く拉麺(ラーメン)」という意味と、おそらくマスターかどなたかの名前をかけた屋号なんでしょうね。
ちょっと、ヤンキーの当て字チックなのが、かえって愛嬌があってかわいらしいです(笑)。


ともあれ、ごちそうさまでした。
また、おじゃまします~。
スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.