FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
名古屋手羽先の一翼 風来坊のお味
20100523furaibo

名古屋の手羽先2大巨頭といえば、「世界の山ちゃん」「風来坊」

つい先日、「世界の山ちゃん」の立ち飲み店にうかがいましたので、今回は「風来坊」さんへ。
「世界の山ちゃん」は、名古屋駅の新幹線口そばにありましたが、「風来坊」も4月に名古屋駅に隣接する地下街に新店をオープンさせています。その「元祖手羽先唐揚 風来坊 エスカ店」にうかがいました。

風来坊は山ちゃんとは違って、関東にはほとんど進出していませんので(埼玉に1店舗あり)、名古屋に行かなければ味わえないローカルテイストなんですね。

さて、定番の手羽先はといえば、スパイシーでおいしゅうございまする~。

山ちゃんと比較すると「ドライ」な感じです。甘みと悪い意味ではないべたつき感が山ちゃんにはあるのですが、風来坊はさっぱりとした感じです。

うーん、どちらが好みかというと難しいですが、私は若干、山ちゃんのほうが好きかなぁ。

なんとなく風来坊のほうは、その味付けによるのかもしれませんが、ジューシーさに欠ける気がしちゃうんですねぇ。
でも、甲乙つけがたい旨さです~。

他にも、もも焼き、霜降り、鶏わさび(?)などをいただきました。

ごちそうさまでした~。

20100523yamachan

さて、風来坊を満喫した帰りの新幹線では、「世界の山ちゃん幻の手羽先しっとりせんべい」で一杯(笑)。

新大阪の「自由軒しっとり仕立てカレーせんべい」、京都の「新福菜館しっとりせんべい」に続く、私にとっては3つめのしっとりせんべい。
このしっとりせんべいシリーズは東海道新幹線沿線には多いのかしら?

いまのところ、自由軒のしっとりせんべいが一番おいしいですね。


あ、しまった・・・。
また、名古屋駅ホームの立ち飲み「どえりゃあ亭」に、行けなかった・・・。

欲が満たされないということは、いまだ愉しみが残っているということ。

まだまだ名古屋へうかがう愉しみが残っているということは、うれしいことですな。





スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

名古屋3大ラーメンのひとつ 薬膳ラーメン
20100523kouraibuntenkanban

一般的ではないかもしれませんが、私が定義する「名古屋3大ラーメン」とは、

1.寿がきや
2.台湾ラーメン
3.薬膳ラーメン


の3系統となります。

先日、「寿がきや」はテルミナ店でいただき、「台湾ラーメン」は総本山の「味仙」でいただきましたので、残りは「薬膳ラーメン」


薬膳ラーメンとは「好来(こうらい)」をはじめとする、名古屋特有の自称「体にいい」ラーメンです。
定かではありませんが、漢方系のほどこしがしてあって健康的なラーメンだそうです。

うかがったのは「薬膳らーめん 好来分店」さんです~。

20100523好来分店

いただいたのは「松ラーメン」(\800)。

うーん、うまい。

すっきりしているのですが深いところにコクのあるスープがすばらしい。
とんこつと根菜系野菜の甘みがマイルドでくどみのない味わいを醸し出しています。
中太ストレートの麺も香りと歯ごたえがよろしい。

基本的にラーメンのメンマには興味のない私ですが、太めでやわらかいメンマはおいしいです。
「メンマ増し」の「竹」メニューがこの薬膳系ラーメン店には多いことが、このメンマにして理解できます。

いやはや、おいしいです。私好みのお味で納得しました。

ただ、残念なのは、やや高めのプライシング。

まあ、寿がきやラーメンの\290のあとだったから特にそう感じるのかも・・・(笑)。

個人的にはメンマ、肉抜きで\600だったら、通います!(笑)

とはいえ、おいしかったです。ごちそうさまでした~。



あ、寿がきやのカップラーメンってAmazonで買えるのね。
袋麺(即席)は見ることあるけど、カップラーメンはうちの近所(横浜)にはなかなか売ってないですねぇ。
グローバル雑貨屋Amazon、やはりすごいw




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

私の修復癖
20100518snapon

ちょっと膝を痛めました。

日曜日に12km走ったあと、膝下が痛むように・・・。

原因はその日ではなく、前の日曜日の18kmラン。
まだまだビギナーを脱していない私は、15km超えた走りをするとどこかに支障がでるようです。

早速、湿布を買ったり、膝用サポーターをネットで探したりと、修復に向けての対応に忙しくなります。
ただこうした取り組みは私にとっては嫌なものではなく、むしろ好ましい行為であったりするのです。

どうも私はなにかを直すのが好きなようです。

以前、乗っていた旧式miniは、走っているときにワイパーが外れたり、ノーマルでも異様に低い地上高に再三打ち付けるマフラーを直したりとずいぶん手間がかかりました。
でも、つねに発生するトラブルに対処するのが楽しかったものです。
(写真はスナップオンのラチェットレンチ。ミニ用にmmではなくinch規格)

また、室内の電球が切れて交換するときも仄かな愉しみを感じるのです(笑)。


この「修復癖」が、私だけの奇癖というわけではないと確信したのは、ドラマ"LOST"を見た時。
医師のジャックが妻との関係を修復しようとした際に、妻から別れ話を切り出されます。そのときの、妻のコトバ。


You will always need something to fix.
「あなたには常に直すものが必要なのよ」

ちなみに妻はジャックの元患者で、彼の奇跡的な手術で元通りの体に「修復」されてたんですよね(笑)。



男性は、常になにかをFIXしていたいのかもしれません。車や家電、住居、趣味の道具などのハードウェアだけではなく、人間関係や会社などのリレーションもその修復対象になり得るのでしょう。
転職や離婚が多い人というのは、この社会的関係の修復が好きな人なのかもしれません。
会社をスクラップアンドビルドする経営者たちも同様の修復癖があるのかも。

ただ、私の修復癖唯一の例外は自分の加齢にともなう不具合。
こればかりは、修復しようとは思いません。
年相応の鄙びに美しさはあると思うのです。

とはいえ、白髪の増加や額の面積拡大、毛根の密集率低下など・・・・
もはや、あらがいようも無いくらいオヤジ化してますけどね~(笑)。


※おっとタイミングよく、Blog記事発見、膝には豚軟骨スペアリブが効く・・・本当かなぁ・・・w。
 「膝の痛み 軟骨がいい?」




テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

「麺屋 風雷人」@センター北
moblog_1f33d2f3.jpg

栄枯盛衰の厳しい飲食業。
最寄駅の横浜市営地下鉄センター北駅も飲食店のスクラップ&ビルドが激しいです。
駅ビルの複合商業施設「あいたい」は、以前「ラーメン甲子園」なるラーメンコンプレックスがあったのですが、客足の低迷でなくなってしまいました。

ラーメン甲子園の閉幕

その跡地のフロアは工事中の風体がなかば恒久的状態となっており、そんな半永久なる改装中フロアに、「空海」さんと「梅蘭」さんがひそかに営業しています。

ショッピングタウンあいたい

先日は、地上階(かな?)にあった焼肉食べ放題の「サプライズ」が撤退(移転)し、その隣の居酒屋「べんてん」も撤退。
そしてこの「べんてん」跡地にできたのが「麺屋 風雷人」。

【新店速報】 センター北駅 「麺屋 風雷人」

先日、開店準備中のところをみつけてBlogにアップしていたお店です。5月10日(月)に予定どおりオープンいたしましたので、うかがってみました~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

京都の第一旭
201005kyototower

新大阪出張のちょっとした隙間時間に京都駅に立ち寄り。
ホントは、国立京都博物館にて「長谷川等伯展」が観たかったのですが、
行きしなの新幹線の中でiPhoneにて確認すると、
なんと2時間待ち!

あきらかに仕事に差障りがありますので、等伯はやむなく断念。
ああ、3月に東京国立博物館で開催してたときになんで気付かなかったのか・・・orz.

とはいえ、すっかり気分は京都ですので・・・


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ランニング雑誌は買う気がしない
201005RunnersWorld

書店でならんでいるランニング雑誌はどうも買う気がしません。いつも手にとって考えるんですが、結局買いません。なんだか、古臭いというか、いまひとつ格好わるいというか。
私は書店で本を買う場合、カバーをつけてもらったり袋に入れてもらうのを断って裸のままで持ち帰ります。でも、ランニングの雑誌を裸で手に持って街を歩くということを想像するに、ちょっと抵抗感がある感じがあるんですよね。

どんな雑誌があるかを並べてみますと・・・

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.