FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
読後完走文 "BORN TO RUN"




前の晩のホッピーが軽く澱む体ではありながらも、読み終わった後、走らずにはいられませんでした(笑)。

いつもの緑道周回コース約10マイルを完走。普段よりも軽やかに心地よいものに感じられたのは、この"BORN TO RUN"の効用に違いありません。「読めばたちまち効く本」・・・かも(笑)。



この本は、著者と「走る民族」タラウマラ族、そしてカバーヨ・ブランコ他のウルトラランナーたちによるクレイジーなレースの物語であり、走るとは何かについていくつかの視点から考察した解説書でもあります。

気にいったフレーズをピックアップしてみますと・・・

・「楽に、軽く、スムーズに、速く」
・「最高のシューズは最悪である」
・「人は年をとるから走るのをやめるのではない、走るのをやめるから年をとるのだ・・・」







裸足で走るのが一番いいという「ベアフット教義」を信仰するには、まだまだ私は修行不足ですが、ビブラムのファイブフィンガーズという超薄手の シューズは非常に気になりますねぇ。まあ、まずはクッション性の低い薄底の安シューズに履き替えてみましょうか(笑)。

昨今のランニングブームといわれる状況で、ランニングシューズメーカー(特にナイキ)の業績が悪化するような事態があれば、その原因のひとつはこの本となるかもしれません(笑)。



ともあれ、ランナー、ジョガー、アスリート、必読の書といえるでしょう。オススメの1冊です。


■ BORN TO RUN フリーク必見サイト

BORN TO RUN 公式ファンサイト
 - ベアフット・テッドの足形入り(!)原書が限定販売中ですぞ(笑)。踏んづけられた本が$40もするとは・・・。

著者クリストファー・マクドゥーガルのサイト
 - "mas loco photos"で登場人物の写真が見られます。タラウマラ族のアルヌルフォ、ウルトラランナーのスコット、ジェン、カバロ・ブランコ。そして、マジ裸足のベアフット・テッド!(笑)






スポンサーサイト



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

伝統的ホスピタリティと塩らーめん




久しぶりにいただいた、東急田園都市線たまプラーザ駅「赤坂 一点張」「塩らーめん」(¥650)。
あれ?ひょっとすると赤坂本店よりもおいしいかも。
こちらの塩ラーメンは10年以上昔このお店の近所に住んでいた頃からの私の好みの一品。

ただ、従業員のおばちゃん達のホスピタリティの低さは相変わらずです。
着席したテーブルが濡れていたのですが、おばちゃんは何故か手のひらで拭き取るのです。どんだけ吸収性高いのかしら(笑)。昔から同じ人がやっているとはおもえないので、10数年来変わらないのは、もはや伝統芸能の域かな(笑)。

とはいえ、それもこのお店の味わいのひとつですので、ぜひ来店して楽しんでみてください。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

来シーズンのマラソン計画



先日参加したローカルなマラソン大会「都筑区民ロードレース大会」
10kmの部にエントリーし、なんとか完走できたのですが、その結果がサイトに上がっていました。

私のタイムは54分弱。うーん、今ひとつですな~。
去年末の横浜マラソンではハーフの10kmスプリットタイムが51分でしたので、今回50分は切りたかったのですが、逆に遅くなってしまいましたね。

言い訳をさせていただけば、都筑区民~は起伏が結構あって、坂がキツかったんですよね。

まあ、日頃の練習もほとんどできてない状態でしたので、それでタイムアップしようなんて、甘いもんじゃないと痛感した次第です(笑)。

何事も目標が必要ということで、来シーズンの計画を検討してみました。


■2010年度マラソン参加計画

 10月 あつぎマラソン (ハーフ)
 11月 横須賀シーサイドマラソン (ハーフ)
 12月 横浜マラソン (ハーフ)
  1月 湘南国際マラソン (フル)
  2月 東京マラソン (フル)


11月のAPEC横浜開催の影響で、11月の横浜、湘南国際が分散したため、私にとっては好都合なスケジューリングができそうです。

さて、このスケジュールの完遂を目指して、努力して鍛練していくことといたしましょう。
あ、特に東京マラソンに向けては抽選に当たるよう、運を貯める努力がさらに必要ですね(笑)。



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ラーメン界の維新は近いか



「麺屋 維新」

横浜駅西口からしばし歩く立地条件の悪さなれど、私にはそれだけの価値はある優れたラーメンです。

「味玉塩らぁ麺」(¥800)をいただきました。

この日は人間ドックの絶食(1食だけですが・・・)のあとでしたので、その旨さもひとしおでした(笑)。

維新とはパラダイムの変革。90年代のラーメンブームなどの過去の亡霊に縛られないラーメン界のイノベーションを期待しています。

とはいえ、本当にいい仕事してます。

ごちそうさまでした~。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

竜馬にゆく



3ヶ月ぶりの新橋立ち飲み竜馬さん。
相変わらずのご盛況ぶりでしたが、前回のように外に溢れて路上で飲むほどではありませんでした(笑)。

生ビールとマグロの中落ちを頼み、友人が来るのをひとりで待つあいだに、twitterで竜馬なう(笑)。http://twitter.com/newrealities_
いつきても居心地のよいお店です。ひとりでもママさくらさんのさりげない気づかいに落ち着きますし、2、3名でも楽しく飲めます。

1杯目の生ビールを空ける前に友人ら合流。ポテサラコンビーフ、明太オムレツ、エビと玉子のフワフワ炒め、タコの二色揚げ、何とかとベーコンのガーリック炒め牡蠣入りなどなどをいただきました。いずれも美味しくてお酒がすすみます。

この日1年ぶりくらいに訪れた友人の女子は、以前からよく頼んでいた「セロリのおしんこ」をメニューも見ずに頼んでいましたが、よくよく見るとメニューから消えてました。でもなぜか出てくるのは竜馬の懐の深さでしょうか(笑)。

ドーハでのマグロ禁輸の件は却下されたようですので、もうしばらくは安心してマグロが食べれそうですね。

ごちそうさまでした~。またおうかがいします~。




テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

賞味期限切れのおみやげ



先日、食品庫の整理をしていた妻から

「賞味期限切れの菓子箱があるけど、あれ"ほいみん"さんへのおみやげじゃなかったの?」

あ。

すっかり忘れとった・・・orz


富豪の友人ほいみんさんから、余ったデスクトップパソコンをいただいたので、その御礼にささやかな神戸土産を買っていたのでした。

まさか賞味期限切れのおみやげを送る訳にもいかないので、我が家でいただくことに(笑)。

いただいたラスクは実にしっかりと熟成された味わい(嘘)でおいしゅうございました。

さて、かわりのお礼はどうしたものか。相手はお金持ちなので、できるだけプライスレスなモノがいいんですがねぇ。あ、気持ちを込めた手作りチョコにしよう・・・(笑)



テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

堂島ロールの美味しい食べ方



大阪出張のおみやげに堂島ロールを買って帰ろうという上司にくっついて、堂島のモンシュシュへうかがいました。

とはいえ、私は堂島ロールのなんたるかをまったく知らず、店先の行列に並んだのでした。15分ほどで見事購入。そのあと、梅田で軽く飲んで帰ったので、購入後4時間後くらいに横浜の自宅へ帰還せり。

早速、堂島ロールを家族といただきますれば、なるほど濃厚でたっぷりのクリームとふんわりとしたスポンジ。なかなか、おいしいかも。ただ、甘党ではない私にはちょっと重過ぎるかな。

大阪出身の会社の営業いわく「買ったらすぐに店先で食べるのが一番うまいんですわ~」とのことですが、私には残念ながらその勇気はありませんでした・・・(笑)。

どなたか是非お試しください~



テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

不毛地帯に一輪の春菊



久々の大阪出張。
大阪は美味しいものが多いのですが、残念ながらラーメンに関しては私のイメージでは不毛地帯。
味覚は個々人の嗜好でまったく異なりますから、あくまで私の好みには合いづらいということなのでしょう。

そんな相性のよろしくない大阪ラーメンですが、たまに無性に恋しくなるラーメンがあるのです。

それは梅田の老舗「揚子江」のラーメンです。

いただいた「揚子江ラーメン」(¥550)は、透明なスープに細麺ストレート。ドンブリ中央には揚子江ラーメンを特徴づける春菊が盛られています。さっぱりしているのに、コクのある実に私好みのラーメンです。

10数年越しで5杯目の揚子江ラーメンでしたが、変わらぬおいしさありがとうございました~。

帰りに使用期限が無期限の割引券をいただいたので、また来なければなりませんね。割引額は20円という微妙な額なんですが・・・(笑)。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば坂本



ラーメン博物館の新店「岡山笠岡 中華そば坂本」にうかがいました。
オープン当日にもかかわらず、並ばずに入店できるというのは素晴らしい(笑)。

「中華そば」(¥700)をいただきました。
関西にありがちな甘くてコクの無い・・・、いや失礼、ふくよかな甘みに後味のすっきりとした癖のないスープに、もっさりと固まり箸さばきの悪い・・・、もとい、軟らかでスープとのからみのよいストレート麺・・・。

まったく突出することのないまったりとしたラーメンです。
出身地の郷土の味わいを懐かしむというのが、この「みんなのふるさとラーメン」シリーズのコンセプトであれば、正しい出店なのかもしれません。
次の店舗はどんなお店が入るのかたのしみです。

とはいえ、ラーメンに載せられた甘く煮られた鶏肉は程よい歯ごたえと濃厚な味わいがありなかなかおいしかったです。つまみに欲しいですね~(笑)。
ごちそうさまでした~。




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

子供店長常連のラーメン店



横浜港北ニュータウンに比較的早くからオープンし、いまなお根強い人気を誇る「しらいし」さん。介一家系の家系ですが、いまでは着色料、保存料無添加自家製麺とマイルドなスープで、家系の武骨さを薄めつつも、美味しいラーメンを提供してくれるお店です。

子供店長の加藤清史郎くんが「ラーメンWalker」でこのしらいしさんを紹介していました。お店の人に聞いてみると、以前から月に数回訪れる常連さんとのこと。ただ、最近はさすがに忙しくてあまりこられなくなっているようで。
しっかりしているとは思っていましたが、「しらいし」を選ぶラーメンを見極める目もしっかりしてます(笑)。

ごちそうさまでした。




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.