FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
担々麺ならぬタンタンメン



数年前に「ニュータンタンメン本舗Map」なるものを作っておきながら、最近はすっかりご無沙汰の「タンタンメン」。
実のところ、無類の麺好きの私なれど「担々麺」はイマイチ苦手。あのゴマペーストがどうにも好きになれません。でもこのホモニム「タンタンメン」は3度の飯より大好き(笑)。

鶏ガラスープに溶き卵、唐辛子そして大量のニンニクぶつ切りと、まさに完全なる同音異義麺。

強烈なニンニク臭を厭わない反社会的な貴方にオススメのラーメンです。

私はカミさんが怖いので、ニンニク少なめで?(笑)。



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一風堂で味噌ラーメン
photo.jpg




南新宿でお昼となりましたので、代々木の「たけちゃん にぼしラーメン」にうかがおうとしたのですが・・・

お店が無くなってます~(笑)

確かに前回訪問の時にはぜんぜんヒマそうでしたからね~。とはいえ、私は比較的気にいっていたので残念です。

その代々木たけにぼ跡地に居抜きで入ったのは博多ラーメンチェーンの「一風堂」さん。ただし、こちらは博多ラーメンではなく、チェーン初の味噌ラーメン専門店なのでした。

さすがにオープンして間もない時期のお昼どきということで、店頭には数人の行列ができていました。

さていただいたのは「味噌赤丸」(?850)。深い赤味噌の旨みと野菜の滋味がまろやかに混ざり合い他のお店では味わえないオリジナリティの強い味噌ラーメンです。平打ちの中太麺ももっちりしっかりとしておいしいです。
博多ラーメンよりも麺のボリューム感があるのか、結構満腹感が得られていたのですが、25円の替玉の誘惑に屈してしまい、細麺で一玉いただいてしまいました(笑)。

味噌味はもう一種類あるようですので、お次はそれをいただいてみましょう。

ごちそうさまでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

三宮の立ち飲み串揚げ店 「まこと」
photo.jpg


三宮駅近くの立ち飲み「まこと」さん。
串揚げが基本的に90円。この日唯一の例外は牡蛎の180円のみ。
にく、えび、うずら、いか、牡蠣をいただきましたが、リーズナブルなうえに美味いです。
カウンター上のバッターに無造作に盛られた無料のキャベツも素晴らしい。

なによりも、イチゲンにもあたたかい、ホスピタリティがとても心地良いですね~。

またお邪魔したい立ち飲み屋さんです。
ごちそうさまでした~。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

三宮の大衆酒場「八島東店」
126633146872.jpg

三宮の「八島東店」にうかがいました。

由緒正しい大衆酒場です。

食べ物、飲み物は可もなく不可もなく。高からず、安からず。おもてなしも冷たすぎず、温かすぎず(笑)。

とはいえ、カウンターでひとりでゆっくりと呑みたくなる雰囲気はさすが老舗の風格。

ごちそうさまでした。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

神戸味噌だれ餃子の老舗
photo.jpg



三宮のガード下にある餃子の店「ひょうたん」にうかがいました。

本当に食べるものは餃子(7個370円)しかない専門店。
飲物も選択肢少なし。ビール、泡盛、ウーロン茶となぜか中国酒の五加皮(ウーカーピー、ごかひ)のみ。

厚手でもっちりとした皮にスープ溢れるジューシーな餡がすばらしいです。味噌だれ、ニンニク醤油、ラー油、酢を自分でミックスしたタレに付けていただきます。

焼きたてアツアツに味噌だれをたっぷりとからめてビールで流し込むしあわせ。
うーん、たまりませんねぇ~。

また三宮にうかがうことがあればぜひとも訪問したい神戸味噌だれ餃子の老舗でした~。

テーマ:餃子 - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.