FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
富士屋本店@渋谷
20091230153418


友人と渋谷西口南で待ち合わせ、老舗立ち飲み「富士屋本店」さんへ。

湯豆腐、ハムキャ別などをつまみつつ、生ビールを。

小一時間の滞在でしたが、至福のひとときです。
スポンサーサイト



テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

フカヒレ忘年会
20091229213635_20091229231510.jpg

景気が悪いはずなのに、そんなことには影響をうけずに悠々自適な暮らしをしているひとはいるものです。そのハイソ(死語?)なグループに属する友人がスポンサーの、豪奢な忘年会が広尾の中華料理店「筑紫樓 広尾店」にて開かれました。フカヒレで有名なお店で、東京八重洲口にはフカヒレラーメンの系列店を出していますね。

前週の2日間で私の年収の半分以上を稼ぎ出したというスポンサーからは、「何頼んでもイイよ」との超リッチなお言葉。とはいえ根からの貧乏性はお得なコース料理を頼むのです(笑)。

モエで乾杯していただいたのは、「大フカヒレ上海蟹コース」(\15,000)。
車エビの湯引き、上海蟹味噌入りフカヒレスープ、北京ダック、蒸し上海蟹、フカヒレ姿煮スープ、フカヒレ入りそば、杏仁豆腐・・・だったかな。

上海蟹の味噌の入ったフカヒレ入りスープには衝撃を受けました。こんなにコクがあっておいしいスープがあるのかと。
締めの中華そばもすばらしいものでした。向上心のあるラーメン店主はこの味を勉強していただきたい!その魂胆は私がこのお味をいつも気兼ねなくいただきたいだけなのですが・・・(笑)。

その他にアラカルトの鮑や小龍包、フカヒレスープかけご飯などをいただいて、ごちそうさまでした~。

いやあ、本当においしかったです。
また来年もおいしいものをいただきましょうぞ!
スポンサー殿、また来年もよろしくお願いします~(笑)。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

久しぶりの立ち飲み竜馬
20091226230052


記憶をたぐると実に8ヵ月以上ご無沙汰の「立ち呑み 竜馬」@新橋。

この寒い季節に露天の特別カウンターにもお客さんがあふれるほどの、あいかわらずの繁盛ぶりです。

すっかり忘れられているとおもいきや、マスターもOryo(おりょう)ママのサクラさんも私のことを覚えていただいていたようです。

こうしてお店で顔と名前を覚えてもらえるとは、単純にうれしいことです。これは客商売に限ったことではなく、普段の仕事や社会生活においても同じことですね。

私の経験上、優れた営業マンやコンサルタントは相手の名前を覚えるのが得意なようです。初対面でも会話の中で相手の名前を積極的に織り込んでいくのです。対面での会話では特に相手の名前を使わずとも会話は成り立ちますが、名前をよばれることで場の信頼感と当事者意識が高まり、効率的で有意義なコミュニケーションが創られるのでしょう。

とはいうものの、2人で呑みにきたというのに呑み過ぎて途中から相手の名前が出てこなくなることのある私などには、とてもできるべくもない芸当ですが・・・(笑)。


そんなことはさておき、マグロ中落ち、ポテサラコンビーフ、焼き鳥、明太オムレツなどなど、竜馬さんは相変わらずうまいですねぇ。

そのリーズナブルで美味しくて居心地の良い竜馬の素晴らしさを再認識し、ついつい、2晩連続でうかがってしまったのでした・・・(笑)。

ごちそうさまでした~。
またうかがいます~。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

もつ鍋風のステキなチャンポン
20091222184149


代々木の「ちゃんぽん亭 筏天(ばってん)」にてランチ。

「筏天(ばってん)ちゃんぽん」(\780)をいただきます。

鉄鍋でアツアツの状態で出されるちゃんぽんは豚骨スープの濃い骨太の一品。野菜たっぷりですし、イカ下足もごろりとはいってボリュームも十分です。しかも、開店から17時まで大盛り無料というお得感がステキです。

ただ、午後一で大事なミーティングがある方は要注意。ニンニクスライスが結構入ってますから~(笑)。

でもこのニンニクとニラと鷹の爪がもつ鍋風の味わいを醸し出していて、とてもうまいんです。

ごちそうさまでした~。
濃いめのチャンポンをガッツリといただきたい方にオススメの逸品です。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新橋「野焼」の塩ホルモン
20091220150658


ひょっとするとゆうに1年以上は行っていない気がする新橋の「野焼」さん。

久々にあの近隣の準風俗っぽい怪しいネオン輝く路地にある店頭には、この寒い季節にもかかわらず外の立ち呑みスペースに人があふれています。

友人2人とこりゃだめかとおもいつつも店をのぞけば

「おお、久しぶり~。席空けといたよ~」

ちと怖い感じのマスターが店内のテーブル席に案内してくれます。

たまたま席があいていたとはいえ、身に余るVIP待遇です(笑)。

七輪でいただく「塩ホルモン」は、相変わらず絶品ですね~。今も火曜と木曜限定メニューなのかは聞くのを忘れちゃいましたが、いわゆる最近でてきた厚木の名物「しろころ」と同様のもの。

この七輪の塩ホルモンと非常にあうのが、謎の飲み物「ホイス」(笑)。養命酒のソーダ割りみたいなもので、さっぱりとしていてからだによさげな感じ。肉やら脂ものやらを喰らうという罪悪感を薄めてくれるのです(笑)。

この免罪符に気を良くしたせいか、この日2軒めだったにも関わらず、ホルモン5人前、ハラミ2人前食べてしまいました(笑)。

「あんまり来てくれないと顔忘れちまうぞ」


との、マスターからのソフトな恫喝を受けつつ(笑)、気持ち良くお店を後に。

いやはや、本当にごちそうさまでした~。
またうかがわせていただきます。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

大砲ラーメン試食会
20091218232754


新横浜のラーメン博物館に新店舗ができたので、プレオープンの試食会にうかがいました。

久留米の「大砲ラーメン」さんです。

いただいたのは「昔ラーメン」のワンタンのせ。かなりこってりとした豚骨スープに、細目のストレート麺。

九州の白濁豚骨ラーメンの元祖は久留米といいますが、関東には久留米ラーメンがほとんど見当たらず、私には博多ラーメンとの違いがわかりませんでした。今回食べてみてわかるかと思っていたのですが、結局いまひとつわからず・・・。海苔があると久留米ということでいいんでしょうか・・・(笑)。

ところでちょっと気になったのはスープが若干ぬるかったこと。熱々のワンタンとのコントラストで余計にそう思ってしまったのかも。
それと、ラードを揚げたものという「カリカリ」という揚げ玉が焦臭くてせっかくの全体の風味を壊しているように思えました。こんなに焦げているのが正しいお味なのかはちょっと疑問でした。

さりとて、全体としてはなかなか美味しい豚骨ラーメンです。がっつりとしたとんこつがお好きなかたにオススメです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ポテトチップスの作り方
20091216214211


家にじゃがいもがあると、つい作りたくなってしまうものがあります。

それは、ポテトチップス。

ピーラーで皮をむき、芽の根元をくくり、スライサーで薄く切ります。そしてオリーブオイルをニンニクひとかけを丸々入れ熱し、適当な頃合いでスライスしたポテトを放り入れ、あんばいをみて油を切り、あら塩を振ります。

これだけなのに、めちゃくちゃうまいです。

多分、市販のポテチとはさほど変わらないどころかもっと美味しいものとなりましょうぞ。

ニンニクはお好みですし、オリーブオイルでなくサラダ油でも十分いけますので、ぜひお試しください。

本当にいけますから~

※もしスライサーがなければ包丁でスティックに切ってフレンチフライにしてもおいしいです。

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

衣ほすてふ天の香具山
20091215121804

赤坂で仕事が終了。
たまには、家におみやげを買って帰ろうと考え、思いついたのは赤坂の老舗洋菓子店「しろたえ赤坂」さんです。

こちらのお店は、シュークリームかレアチーズケーキが有名ですが、しろたえ(白妙)といえば衣(ころも)にかかりますので今回は衣の美味しそうなシュークリームをいただくことに・・・(笑)。

小さめのシューですが、クリームがみっしりと詰まっているため、ずっしりと感じる重さです。たっぷりめのプレーンなクリームはスッキリとして飽きのこない甘さですね。

さすがに人気洋菓子店の定番シュークリームです。

おいしゅうございました~

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

超濃厚な新潟
20091211232838


目黒の権の介坂をなんとなしに歩んでいると、気になるお店を発見。

「新潟濃厚中華そば・つけ麺 なおじ」

この屋号の響きだけで気にいりました。後先構わず、即入店です(笑)。

「超濃厚スープ」というだけでキャッチーなのに、こちらの太麺は米粉が入っているということであれば入店せざるを得ないでしょう。

米粉のラーメンの麺は、以前ラーメン産業展の試食でいただいたことがあるのですが、歯ごたえと風味が今ひとつであったような気がします。

濃厚中華そばをいただきました。

この米粉入り太麺はなかなかイイ感じです。もっちりとした食感がこの太さにマッチしているようです。
また看板に偽りなく、スープは超濃厚です。そして、その濃さゆえにつけ麺ではない中華そばでも、なんとスープ割りができるのです(笑)。

新潟のおそるべき濃厚ラーメン。なかなかイイです。となると、やはりつけ麺も気になりますな~。

なおじさん、ごちそうさまでした~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

エルナン・コルテスの土産
20091208193305


友人からのヨーロッパみやげのカップラーメン。

始終海外へ旅するひとのため、果してどこの国のみやげなのかは失念するも、原産地は確かドイツのトマトスープのカップヌードル。

欧州の旅愁かおるステキなお味・・・を期待したら、

ガッカリのマズサ・・・(笑)。

日本のカップヌードルのクォリティとは比較にならないほどの粗いテイストですね。

いや、待てよ・・・。

ひょっとして、水のせいかもしれません。ヨーロッパですから硬度の高い水を使うべきだったのかも・・・。洋食には硬水のほうがイイという話も聞きますしね。

今度は硬水のevianかVittelを沸かして作って見ますので、またお土産に買ってきてください~(笑)。

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.