FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
サンピエトロ大聖堂をつくろう
200905 ペーパークラフト サンピエトロ
先日、レゴ(LEGO)「落水荘」(Falling Water)すごいという記事を書きましたが、ペーパークラフトでも結構すごい建築物がでています。
提供しているのは、キャノン(Canon)クリエイティブパーク(Creative Park)というサイト。ダウンロードは無料ながら、なかなかクォリティ高いですぞ。

Canon Creative Park

2009.5.11に登場したばかりのサン・ピエトロ大聖堂なんて、相当かっこいいデス~。
※カトリックの総本山をして軽率です・・・(笑)。

サン・ピエトロ大聖堂(Basilica of Saint Peter, Vatican)

パーツだけでもA4版で14枚ですから、かなりの作り手がありそうです。

このほかにも大阪城、サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia, Spain)、日光東照宮、花の聖母寺(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)などなど、興味のある建築物が多数掲載されています。


200905 ジャグアーEタイプ
建築物以外にもいろいろあるんですが、なかでも気になったのは「ジャガーEタイプ」

JAGUAR E-TYPE

コクピットのみならず、エンジンルームまで再現されたジャグアーEタイプのロードスター(オープンモデル)です。
こちらはA4版17枚で、パーツは268個(!)ですから、暇なときにちょっとという生半可な気持ちでは組み立てられません(笑)。

とはいえ、時間を作ってぜひとも作ってみたいものです~。

■Related Links

サンピエトロ大聖堂 - Wikipedia
ジャガーEタイプ - Wikipedia
ジャガー千葉タイプ(笑)



スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

一鶴の骨付きもも肉と生ビール
200905 一鶴

鶏肉をガッつり食べられるお店、「骨付鶏 一鶴(いっかく)」さんにうかがいました。

鶏のもも肉を一本まるごとガブリといただくワイルドな「骨付鳥」が看板メニューです。
いただいたのは定番のやわらかい「ひなどり」(\870)。表面はパリパリとして香ばしく、中はやわらかくジューシーなお肉でして、やや濃いめの塩コショウの風味がスバラシイです。
あつあつの肉塊をほおばりながら、流し込む生ビール・・・。うーん、至福です・・・(笑)。

この「一鶴」さんは、四国は香川県丸亀市を本店にもつチェーン店で、関東には今回うかがった横浜西口店のほかに青葉台(横浜市)の2店舗が出店しています。

この日同行の女性の友人は、地元丸亀市出身。彼女いわく、子供の頃の地元のお店は競艇帰りのオヤジの溜まり場といった感じでちょっと恐かったイメージがあるそうです・・(笑)。
とはいえ、横浜店は、お店の雰囲気、メニュー構成、お客さんの回転を見ると、居酒屋というよりもレストランのようです。長っ尻で飲む雰囲気ではありませんね。


ごちそうさまでしたー。また、うかがいます~。
今度は「おやどり」(\980)もいただいてみましょう。

一鶴ホームページ


※写真は、iPhone上で"Color Canvas"で鶏肉部分だけをカラーにし、"Polarize"でポラロイド風にしてタイトルを書き込んでいます。携帯端末上でいろいろな画像加工ができるのはやはりiPhoneのすばらしいところです。しかも使用アプリは無料ですからねぇ。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

国民の関心事
200905 TaroAso
今日は横浜ですっかり酔っ払ってしまったので、愚痴を・・・(笑)。


「国民の関心事は西松事件ではないのか」

いや、全然興味ありません。

興味のあるのは、直近の不景気対策と、具体的な日本の将来へのビジョンです。

もちろん、「友愛社会」などという空虚なお題目も論外ですが・・・(笑)。


ところで、ピクチャーは産經新聞のiPhone版(以前の記事)からキャプチャーしたものを、OilCanvas(以前の記事)というアプリで加工したものです。
このアプリは適当に指でいじるだけでそれなりのビジュアルになるのがステキです。

首相も絵になります(笑)。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

君は仙人に会ったことがあるか? : 「ホッピー仙人」@野毛
200905 ホッピー仙人


横浜の野毛にある都橋商店街。
大岡川の流れにあわせてカーブを描いて建っている2階建ての建物です。
ハーモニカ横丁の愛称のとおり、1階と2階に小箱が連なるかたちでこじんまりとしたお店がならんでいるのです。

その都橋商店街のなかにある「ホッピー仙人」は、その屋号のとおり、ホッピー専門店。

8席のカウンターだけのこじんまりとしたお店。
常連客比率が相当高いようですが、イチゲンの私にも快く接していただけます。

やはり、樽生ホッピー(\500)がうまいです。

いつも飲む瓶とは違い、泡立ちが細やかでのどごしがいいですねぇ。

店主に「マスター」と声をかけると軽くたしなめられます。
「仙人と呼びなさい」と・・・(笑)。

さて、そんな仙人による見事な生ホッピー。
ついつい、のど越しを愉しみすぎて、もう一杯。

いやはや、すばらしいです。ホッピー礼讃。
ごちそうさまでした~。


お店から出ると望む大岡川の夜景。
さして見るべきものはありませんが、
川面を抜ける風がとても心地よいのでした。

都橋商店街

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

福田フライで「からいの」旨し
200905 福田ふらい

横浜の桜木町の山側は野毛という区域でして、飲み屋さんが多いです。
繁華街というには人通りは少なく、ほどよい風情を醸し出しています。
平日はいつもひとごみの絶えない新橋界隈とはちょっとちがう趣です。

そんな野毛で、うかがったのは「福田フライ」さん。
屋号がそれで正しいのかどうか、看板が無いのでわかりません(笑)。

いただいたのは、生ビール(\450)。
それと、くじら(\190)、ポテト(\90)、げそ(\140)。

いずれも串揚げです。

たずねられるのは、「ソースは普通?それとも辛いの?」

「初めてで、よくわからないのですが・・・」

「辛いのは、ニンニクと唐辛子の辛いソースだよ」

「じゃ、からいので」

串揚げは安くて旨いです。

そして、「からいの」も相当良い味わいで、食べずして野毛を語れぬほどの旨さです(笑)。
【2009.05.27追記 ただし、ニンニクはかなり入ってますので翌日の対人関係にご注意を(笑) 】

WINS(近くにあるJRA場外馬券場)で、傷ついた勇者たちが昼間からこの地で養生している理由がわかりました。ここで鋭気を満たしてからまた、戦場へ向かうのでしょう(笑)。

とはいえ、リーズナブルで旨い串揚げが食べれるお店です。

ごちそうさまでした~

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

人生の歯車とギリシア人からの歯車
20090525001310

iPhoneで不思議なアプリを発見。
「i刺身LITE」
右から左へと流れる刺身にタンポポ(食用菊)をのせるだけと
いうもの。

・・・本当にこれだけのアプリなんです(笑)。

app storeのこのアプリの紹介文にはこのように書かれています。

あなたは、社会の歯車の一つとなって、刺身の上にたんぽぽを乗せていきます。
ただひたすら、それを繰り返します。
それだけです。そんな人生です。


・・・(笑)。

そんな自虐的な「人生の歯車」アプリを楽しんだ(?)あとは、「ギリシア人からの歯車」を楽しみましょう。

成毛さんがブログで絶賛されていた『アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ』です。


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

Payback Lite
200905 Payback Lite
※戦車でパトカー砲撃していいの?

iPhoneのとあるアプリにはまってしまい、自分の反社会性の所在に少々落ち込みます・・・(笑)。

そのアプリとは"Payback Lite"

マフィアのボス(多分)の指示にしたがって、悪行のミッションをこなしていくゲームなのです。

たとえば、タクシーを2台盗むだとか、敵対するマフィアのボスの家を爆破しろとか、軍事施設から戦車を盗めとか。

テーマの是非はさておき、3Dの画面とその動き、BGMなど、独自の世界観を醸し出していて、相当クォリティの高いソフトです。無料のLite版ということで、フルバージョンと比較するとその世界の一部分しか知らないのかもしれません。でも、Lite版でもかなり楽しめます。
普通にプレイしてはゲットできない火炎放射器と戦車を、自力(ウェブなどの外部情報を得ずに)で手にした私のプレイ時間はご想像ください(笑)。



有料版を購入するかどうかは、思案のあぐねどころです。
だって、iPhone (iTouch)のapp storeには無料でもかなりクォリティ高いゲームがゴロゴロしているんですもの。

このapp storeのiPhoneアプリの世界に斬り込める作品を作れるか、無謀にもただいま友人と企画中です(笑)。
はてさて、楽しい場を創出できるかどうか・・・。

でも、はりきっていってみましょー!

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

生麦事件と維新ラーメン
200905 Namamugi

「生麦事件」って学校の歴史の授業で教わったのを、おぼえてますか?

幕末に大名行列を馬に乗って横切った英国人が武士に斬られた事件です。

この事件を題材にした歴史小説、その名も『生麦事件』 (新潮文庫)を読んだのですが、これが予想以上におもしろくて驚いてます。
単に生麦事件のことを描いているのかと思いきや、生麦事件を発端としたその後6年にわたる明治維新までの物語を、ファクトベースでじつに淡々と、そして流麗な文体で書かれた歴史モノなんです。
特に派手な表現や誇張もないのに、臨場感あふれていてときにはハラハラしてしまうのです。
たとえば、薩摩藩サイドの気持ちは理解できるのは容易ですが、この本を読んでいると英国の関係者たちの心情も理解できます。

これ映画にしたらかなりおもしろいと思います。どなたかハリウッドで作ってくれませんかねぇ。

ひさびさに日本史の歴史小説の逸品に出会いました。おススメの作品です。


さて、この本では明治維新のトリガーは生麦事件であろうという分析にもとづいています。
ならば、維新の本質をつかんだところで、維新にちなんだラーメンをいただいてみましょう。
しかも、生麦事件に関連深い横浜村で(笑)。


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

レゴのフランク・ロイド・ライト
200905 落水荘

ほしいです・・・。

レゴ「落水荘」(Fallingwater)(カウフマン邸)・・・。

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の建築物がレゴからシリーズ化されて登場するとのこと。現在、LEGOのArchitectureシリーズで予定されているのは6点。そのうちの2点がライト作品で、上述の落水荘と、もうひとつはグッゲンハイム美術館(the Solomon R. Guggenheim Museum)。

200905 GuggenheimLego

グッゲンハイムもいいけど、下手したらレゴのスターウォーズシリーズものか何かと間違えられそうな恐れあり(笑)。

とはいえ、気になるのはこのArchitectureシリーズに続くほかの建築物。

やはり、ここは旧帝国ホテル(Imperial Hotel, Tokyo)をはずすわけにはいかないでしょう。

レゴさん、ブリックストラクチャーさん、フランクロイドライト財団さん、ロイド作品をもうひとつ!帝国ホテルを是非にお願いいたします!


■出典
Frank Lloyd Wright Lego -- Boing Boing Gadgets
Frank Lloyd Wright LEGO Sets - PrairieMod

■Links
The Frank Lloyd Wright Foundation
Brickstructures - レゴで設計した会社
  大きいイメージはこちらで見られます。
  →Fallingwater
  →Guggenheim
フランク・ロイド・ライト -wiki
帝国ホテル -wiki

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

The QM2 Thru Buildings : Google Earthで船舶シミュレーション
200905 Ships Screen

昨日、O'Reilly Radarで気になる記事をみつけました。

More Geo-Games: Ship Simulator on Google Earth by Brady Forrest

Google Earth上で船舶の操縦ができるゲームソフトです。
昨年公開されたGoogle EarthのAPIを使用したシミュレーションゲームのようですね。
操作できるのは、バージ船、貨物船、コンテナ船、クルーズシップ(上のQM2)のほか、飛行船もあったりします。

しかし、私のPCはスペックが低いのかうまく動かせず・・・orz

冒頭の写真のように、大型客船(Queen Mary 2)はビルに突っ込んだまま動きません・・・(笑)。



テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.