FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
北欧肉団子
200902新横浜スケートセンター

正月に初めて滑ったスケートが子供たちはたいそう気に入った様子なので、お休みの日にふたたびスケートに行きました。
前回うかがった横浜赤レンガ倉庫のスケートリンクは期間限定の仮設リンクで、すでにその開催期間は終わってました。
ということで、今回は新横浜にあります「新横浜スケートセンター」にうかがいました。

休日ということもあり、なかなか人は多いようでした。さすがにプリンス系の由緒あるスケートリンクですので、コーチングを受けている人が10人以上はいたようです。

帰りに所属選手のボードを見ると「中野友加里」、「村主章枝」、「小塚崇彦」などの名前が並んでいました。そんな、トップアスリートも使用する銀盤だと認識すると、へっぴり腰でヨタヨタと滑っていた私はいたたまれない気持ちになるのでした(笑)。

さて、2時間ほど滑ったあとの夕食は、送迎バス付きのリーズナブルな北欧レストランへ。

つづきを読む~
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

フェルメールのラテン語へのいざない
音楽の稽古



MVSICA LETITIAE COMES MEDICINA DOLORVM


( music is the companion of joy, balm for sorrow)

「音楽は喜びの友、悲しみの薬」



これは私の好きな言葉のひとつで、フェルメール(Vermeer)作品『音楽の稽古』(Music Lesson)のなかで、女性の弾くヴァージナルという楽器に描かれたラテン語の文です。

だまし絵のようなこのフェルメール作品全体の構図から醸し出される怪しい魅力もさることながら、絵のほぼ中央となるヴァージナルの正面に書かれた文字がどうにも気になっていました。
先日、この言葉をいろいろと調べてみたところ、上記のような意味のラテン語であることを知ったのでした。

「音楽は喜びの友、悲しみの薬」・・・・・、なかなかすてきな言葉です。

ところで、ラテン語とはどんなものなのか、そんな言語があることはわかりつつも、なんの知識も持っていないことに気づきました。
いいきっかけですので、ラテン語についてちょっとだけかじってみようと、簡単そうな本をさがしてみたのでした。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

二代目の三店目
200902 つじ田 看板

午後から飯田橋でのセミナーに参加。
飯田橋となれば、やはりあの新店には行っておかなければなりません。
昨年11月にオープンした「二代目つじ田」の新店です。

麹町、神田御茶ノ水に続く3店舗目となります。
先の2店はうかがったことがありますので、ここは難を排して全店制覇しておかねば・・・(笑)

飯田橋駅からほど近く、立地条件のよい有名店のお昼どき。
しかれば、当然・・・

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

神の山より青い山
20070702青山ファサード

先日、青山一丁目で用事があったので、これは好機と、「麺屋 武蔵 青山(せいざん)」へと向かいました。

しかし、以前お店があったはずの場所は瓦礫の山・・・

ビルごと無くなってました・・・orz
※上掲は2年ほど前の写真です。

この間の「じゃんがら赤坂店」といい、私が行こうとするとお店が無くなるかのような気もしてきます。
とはいえ、じゃんがらと同様、こちらの武蔵も移転していたようです。

移転先は神田。移転というには遠いような・・・(笑)
まあ、「青山(せいざん)」の味さえ、引き継がれていればどこにあろうと問題はありません。

200902 武蔵神山 看板

で、うかがったのは「武蔵 神山(かんざん)」
神田と青山のハイブリッドで「神山」。
青い山から神の山にグレードが上がったようですね(笑)。

さて、自販機で「つけ麺」(\750)の食券を購入すると、中盛、大盛も値段が変わらないとのことに気づきました。
なんだか嫌な予感がしてきましたよ・・・。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ついにアトランティス大陸が見つかった

大きな地図で見る

やっぱり、ありました。

アトランティス大陸

最近追加されたGoogle Ocean機能によりGoogle Earthで海底の様子も見えるようになりました。
この機能により、大西洋沖の海底に人工物のようなものが見えると、イギリスのタブロイド紙SUN誌が報じたものです。

Googleは否定していますが、まあ悠遠なる神話の世界への夢を持たせてくれてもいいじゃないですか~(笑)。

さて、私はムー大陸を探してみますか・・・(笑)。


"Is this Atrantis?" -the Sun

テーマ: - ジャンル:

富士屋本店で考えるピーク・フィッシュ説
200902富士屋 看板

青山で業務終了。

KUA`AINAの本店は健在だ~
紀伊国屋が立派なビルになってる~
銀だこが無くなってる~

ひさびさに歩く風景を楽しみながら、ひとり246を南下します。

ふと気づくとすでに富士屋本店は間近。
ならばちょっとだけ寄りましょう。

アンダーグラウンドのオヤジの世界へ(笑)


テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

はじめての荻窪ラーメン
200902 春木屋 看板

80年代、ラーメンブームともいわれる時代の流れを作った立役者のひとつが荻窪。
とはいえ、私はそのラーメンマニアのメッカ荻窪へは、一度も足を運んだことがありません。
しかるに、荻窪を代表するラーメン店、春木屋へも訪れたことはなく、ラー博にて今回初めてその老舗のお味をいただくことに。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

未来の追懐 ~日産の長期的マーケティング~
NISSAN GTR

日産が中東で「ニッサンGT-R」を発売するそうです。
日本国内の乗用車メーカー8社合計販売台数が前年比13%減、300万台弱減の1940万台となる見込みが発表されるなかでの、ちょっと明るいニュースかと。クサってもオイルマネー狙いです(笑)。

世界的販売不振による生産調整、雇用面への対応に追われる自動車産業界。
そんな大変なときに、うちの子供の小学校はのんきに自動車工場見学へ(笑)。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

王様のスパゲティ
ジャポネのバジリコ

このスパゲティのメニュー名、お分かりになるでしょうか?
分かる人は日本で100人に一人くらいかな(笑)。


答えは、「バジリコ」です。


バジリコ・スパゲティといえば普通は「ペスト」もしくは「ジェノベーゼ」といったバジルとオリーブオイルで和えられた緑がかったパスタですよね。そんなイメージとは似ても似つかぬこのメニュー。とはいえ、この写真のスパゲティもじつにすばらしい「バジリコ」なのです。
ちなみに緑色のモノは、バジルではありません。
これは・・・

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

はじめての光麺
光麺 原宿店 熟成光麺

午後は表参道。
原宿から青山方面へと足早に表参道を進みつつ、あまり時間がないのでお昼は抜きかなと考えていたときにたまたま目に入ったのが「光麺 原宿店」
すぐに席につけそうなので、即決入店。

「光麺」は、恵比寿、六本木、新宿などでお店の存在は認識しつつも、ついぞこれまで入店することのなかったチェーン店です。

いただいたのは「熟成光麺」(\730)

スープは豚骨と鶏系かな。こってりとしたスープにさらに背脂が載り、コッテリ三重奏なり(笑)。
とはいえ、獣系の荒々しさはなく、実にマイルドな仕上がりです。ガッツリとしたインパクトはないのですが、奥に見え隠れする旨さの正体をつかみたくて、ついついスープを口に運んでしまいます。中太の麺との相性もよいですね。
たっぷりの青菜、極太メンマなど、トッピングもよろしいかと。ランチタイムはいくつかのサービスからひとつが選べますが、私は味玉を選択しました。
うーむ、なかなか、よいバランスのラーメンではないでしょうか。


ごちそうさまでした。
他の醤油や塩のメニューも気になりますので、また近々いただくことにします~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.