FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
赤坂一点張
赤坂一点張 塩らーめん


赤坂で夕方より打ち合わせ。
では、その前に腹ごしらえをしておきましょう。

超ひさしぶりに日枝神社近くのじゃんがらへ向かいます。

え、あぁ・・・、じゃんがらが無くなっている・・・。


Et, tu, Jangara?
(エト・トゥ・ジャンガーラ?)

じゃんがらよ、お前もか・・・orz


TBS裏の「赤とんぼ」が昨年閉店し、今度は「九州じゃんがら赤坂店」も閉店とは・・・

その町ごとのラーメン文化というものがあるならば、もともとさして高くない赤坂のラーメン文化レベルは、この2店を失ったことによりさらに下がってしまったようですね。


とはいえ、まだいくつか私の好みのお店は赤坂にあります。
そのうちのひとつ、「一点張」にまいりましょう。

「一点張」は「味噌ラーメン」(\650)をメインとしているお店ですが、私が好きなのは「塩ラーメン」(\600)

「札幌ラーメン」を標榜しているその是非は別として、こちらの塩ラーメン、私の好みにマッチしているんですよねぇ。

豚骨、鶏ガラ、野菜などをベースとしたさっぱりとしたスープがたっぷりと入ったどんぶりに、ストレートの中太麺、トッピングはもっさりとモヤシ。
やはり、すっきりとした塩系ラーメンにはもやしが似合います~
赤坂の一等地でこのお値段をキープしているのも素晴らしいです。

いやはや、ごちそうさまでした~



さて、後日、じゃんがら赤坂店を憂い、ネットで調べてみると・・・・

じゃんがら赤坂店は、移転してただけなのね・・・

じゃんがら赤坂


ちゃんと移転先新店舗で営業してました。
(2008年7月より。もう半年以上経ってるのね・・・)

やはり、たまに行くお店はキチンと事前調査が必要ですねぇ。

うれしいやら、かなしいやら・・・(笑)



■Related Links

ぐるなびラーメン『赤坂一点張』
九州じゃんがら 赤坂店

スポンサーサイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

『無気力の心理学』
無気力の心理学

世の中が無気力になりつつある今だからこそ、読みたい1冊です。

『無気力の心理学―やりがいの条件』 (中公新書 (599))

本書では効力感形成における課題としていくつかのトピックを例示しその解決の方向性を示しています。

そのいくつかを以下にあげると・・・

・回避できない苦痛刺激に繰り返しさらされると、環境に能動的に反応するという意欲が低下する

・泣いている乳児に応答せずに放っておくと、乳児に次第に無力感が獲得される

・外部の報酬(ごほうび、金銭報酬)は、意欲、興味、向上心を低下させる

・効力感の形成には、努力の主体、行動、コントロールを自分自身で行ったという感覚 - 自立性の感覚が必要不可欠

・競争的ではなく協同的な環境における他者との暖かいやりとりが、効力感を生み出す




こうみると、経済的な弱者を放置し、一時的な給付金をばらまくなんて、無気力感を醸成するにはうってつけの方法だといえますね(笑)。

さらに、本書では上記を踏まえたうえで、本人が自己向上を実感しうるということと、自己向上が本人にとって真に価値のあるものでなければならないとしています。
そして社会学者 真木悠介(見田宗介)氏のことばをかりて以下のようにまとめています。

一般に事物に働きかけ、他者と交流しつつ人生を送っていく過程で、人々は自分自身の存在の意味についての問いを発し、そしてそれに答えていくと考えられる。真木悠介の表現を使えば、その過程で人々の実存的な欲求があらわれるともいえよう。真木があげているように、人々の実存的な要求の様相が創造と愛と自己統合の三つであるとすれば、これをもたらすような熟達の過程こそ、その人にとって最も好ましいということになる。



ひとつは、自分がじぶんなりのものを作り上げているという達成感およびその熟達による満足感。そして、その熟達が暖かい他者との交流により社会的に貢献していること。最後に、それらすべてをじぶんらしさとして自己実現、自己統合していくこと。

創造と愛と自己統合

やりがいの獲得とは自分を確立していくプロセスなのでしょう。


やりたいことはいっぱいあって、それぞれにすこし手はつけているものの、どれも熟達していない私(笑)。

私の自己統合へのみちのりはまだまだ長そうです。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

玉泉亭
20090128025136


中華料理屋さんでいただく麺というと、私は昔からタンメンですね。

横浜駅西口ダイヤモンド地下街の「玉泉亭」「タンメン」(\600)をいただきました。

玉泉亭は伊勢崎町に本店を持つ、大正7年創業の老舗です。

お野菜の旨みが広がるサッパリとした鳥ガラスープと細めの麺。やはり、うまいですね~。


このお店はサンマーメンも有名なお店です。

横浜・川崎ローカルなサンマーメン、次回はこちらもいただいてみましょう。



Related Links

中華料理 玉泉亭
玉泉亭 横浜ダイヤモンド店

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味輝拉 (あきら)
味輝拉チョッテリ


昔、出張でつくばに行くことが多い時期がありました。
帰りは、タクシーで土浦まで出て常磐線で上野という、つくばエクスプレスがある今では考えられないほどの長旅でした。

そんな旅のつかれを癒すため、銀座線末広町で途中下車してよくいただいたのは、「元祖一条流がんこラーメン八代目」

細い縮れ麺が泳ぐ、澄んだスープの塩ラーメン。シソの風味が独特でしたね。さっぱりとした醤油ラーメンもおいしかったです。
いずれも、ちょっとしょっぱめで塩分取りすぎが気にはなりつつも、そのおいしさについつい足が向いてしまったお店なのでした。


そんな思い出のがんこ8代目ですが、私の生活圏近くの東急田園都市線の溝の口駅にその分家があります。
「味輝拉 (あきら)」です。

以前は溝の口駅と高津駅のあいだくらいの辺鄙なところにありました。
駅近くに移転してからははじめての訪問です。

「チョッテリの醤油」(@730)をいただきました。

背脂の量で、
アッサリ < チョッテリ < コッテリ
となります(笑)。

ひさしぶりでしたが、変わらぬおいしさです。
低加水のしっかりとした細い縮れ麺が好きです。

他にお客さんもいなかったので、独りで切り盛りしていたおきれいなママにうかがうと、
この麺はがんこチェーンで同じ製麺のようで、牡蠣の殻が練りこまれているとのこと。
なるほど、この腰のよさは牡蠣殻カルシウムなんですねぇ。勉強になりました~。


ところで、「味輝拉 (あきら)」とは、想像するに「味の輝く拉麺(ラーメン)」という意味と、おそらくマスターかどなたかの名前をかけた屋号なんでしょうね。
ちょっと、ヤンキーの当て字チックなのが、かえって愛嬌があってかわいらしいです(笑)。


ともあれ、ごちそうさまでした。
また、おじゃまします~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

オバマの就任演説
オバマ

米国バラク・オバマ大統領の就任演説(Inaugural Address)、選挙戦のときとは違って若干トーンダウンしている感もありましたが、それでもなかなかすばらしいものでした。
全体的な雰囲気はケネディの就任演説に似ているように感じました。
気に入ったところを載せてみました。(訳は間違っているかもしれませんのであしからず・・・(笑))

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this America: They will be met.

われわれが直面するこれらの課題は現実のものと言わねばならない。
これらは深刻で数が多い。
短期間で簡単には解決できないだろう。
だがしかし、アメリカよわかってほしい。これらの課題は解決できるのだ。



Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

今日からはじめよう。
われわれは、自分たちを奮い立たせ、埃を落とし、
そしてもう一度、アメリカの再生という仕事をはじめるのだ。



What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition on the part of every American that we have duties to ourselves, our nation and the world.

今やわれわれに求められているのは新たな責任の時代である。
それは、アメリカ国民ひとりひとりが、自分自身、国そして世界に対して義務があることを認識することなのだ。



やはり、こういう時代だからこそ、強いリーダーシップが求められるのです。
そして、そうしたリーダーシップに賭けてみようと、国民が行動を起こそうという気になるのです。

あらためて、まったく機能していない自国の主導者を見るに、暗澹とした気持ちになってきます・・・。

ちなみに冒頭の写真は米シカゴトリビューン (Chicago Tribune)に "Japanese Obama"と紹介されたノッチです(笑)。

いまの政治家に適格者がいないのならば、いっそのこと、ノッチに任してみますか。
日本の政府関係者の誰よりも早く直接の会話をしているようですし、オバマ大統領公認芸人ですしね・・・(笑)。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

高湯(かおたん)の味わい
かおたんラーメン


ひさびさの赤坂。
1時間半のプレゼンの前に腹ごしらえをしておきましょうとうかがったのは「かおたんラーメン 赤坂店」

定番の醤油ラーメンではなく、「塩ラーメン」(\700)をいただきました。
塩分たかめ調味料多め油多めのスープにやや加水率低めの固めの麺。
揚げネギのトッピングがいかにも台湾風です。

屋号は「中国福建省の高級スープ高湯(かおたん)」に由来しているようですが、ラーメンを作るときにドンブリへと入る大量の白い粉を見るに、名は体をあらわしているのかは少々疑問です(笑)。

とはいえ、こちらの塩ラーメンのジャンクな味わいが私は好きです。
賛否わかれるところでしょうねぇ。

ごちそうさまでした~

魔厨高湯


ところで、高湯(カオタン)といえば、味の素さんが中国市場では「魔厨高湯(モーチューカオタン)」という風味調味料をだしているようです。
老母鶏、金華ハム、牛肉、豚肉を長時間煮出して作る高級スープ風味の調味料。
非常に気になる調味料です。日本で買えるかなあ。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

A Profile of Harry Bosch and Mickey Haller
Michael Connelly's Red Book 2


"A Profile of Harry Bosch and Mickey Haller by Michael Connelly"


 Now, I got it !

書店では売られていない米国作家マイケル・コナリー (Michael Connelly)の本を手にいれました~

これまでコナリーがシリーズで描いてきた主人公、ヒエロニムス(ハリー)・ボッシュ (Hieronymus Bosch)と、最近あらたに主役作品がでてきた、ミッキー・ハラー (Mickey Haller)のふたりの誕生秘話がつづられた、マニア垂涎の本なのです!


Michael Connelly's Red Book 3


薄目の一冊の本なのですが、片方からハリーの話が書かれていて、

Michael Connelly's Red Book 4


くるりとひっくり返すと、反対側から、ミッキーの話が書かれている、ちょっと変わった冊子です。

ですので、真ん中あたりを開くとこんな感じになってます。
冊子のまんなかあたりで上下が反対になっているのです。

Michael Connelly's Red Book 5

内容をちょっとご紹介すると、たとえばハリーの方でしたら、コナリーが少年時代に自宅近くにあったトンネルの思い出が第一作目"Black Echo"のベースになっているとか。
『ブラックダリア』(The Black Dahlia)の作者であるジェームス・エルロイ (James Ellroy)の母親がエルロイの少年時代に殺害されていたことが、ボッシュのキャラクターにつながっているなど。

また、最初はボッシュではなくて、ピアース (Pierce)という名前で考えていたそうです。 ピアースじゃあ、まるで雰囲気が違ってきたでしょうね。

コナリーファンとしては、なかなか貴重な情報です~

the brass verdict
ところで、この赤本の手に入れ方ですが、じつに簡単です。

マイケル・コナリー最新作の"The Brass Verdict"
と一緒に写ったポートレイトを送るだけです。

マイケル・コナリーの公式サイトに応募したポートレイトが掲載されれば、コンテスト入賞ということでこの本が送られてくるのです。
入賞者1,200名までの賞品ですが、いまのところ500名もいってませんから、まだまだ間に合いそうですね。



さて、私がこの本を手にしているということは・・・・・・


東洋人の男性は私だけのようですので、すぐに分かってしまうと思います・・・(笑)

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

イソゲン調査研究再開
ニュータンタンメン本舗 鷺沼店

ものすごくひさしぶりに行きました。

「元祖ニュータンタンメン本舗 鷺沼店」

とても好きな食べ物なのですが、食後の社会生活への影響を考えるとなかなか食す機会を作れないという、悩ましい好物なのです(笑)。

ゆえに、いただくときはほとんどといっていいほど酩酊状態。
後先を思考する能力が欠如したときにいただくことができるのです(笑)。


ニュータンタンメン

この日はやや呑み過ぎくらいの酒量にて入店。

「タンタンメン(中辛・ニンニク少な目)」

うーむ、やはり旨い・・・。
さっぱりとした鶏がらスープに太め短めの麺。
ひき肉、溶き卵と、ニンニク片、とうがらし粉。

背徳の味です・・・(笑)。


さて、2007年2月にニュータンタンメンの全店舗を示したマップを作成したのですが、2年も放置したため今現在ではその情報はすっかり古くなっているようです。
NewTangTangMaps_S.gif

Google Maps APIからのワーニングメッセージが出るようになっていましたので修正しました。
(アップロードしたhtmlファイルの格納ディレクトリがいつのまにか変わっていたようです)

今年は意識的に時間を作ってアップデート&リニューアルすることといたしましょう。

イソゲン各店舗訪問調査およびニンニク臭の抑制方法研究が今年のテーマです~

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だまってジャガーについてこい!
JAGUAR SECOND

年末に深夜番組を無目的にながめていると、驚愕の人物がテレビに出ているじゃあないですか

あのジャガー(JAGUAR)さんです(笑)。

出ていた番組は矢口真理さんと劇団ひとりさんの『やぐちひとり』

まだ、ご健在でなによりです(笑)。

ジャガーさんといえば、知る人ぞ知る、千葉を代表するロックスター(かな?)。

80年代後半から、会社の社長さんの道楽が興じて千葉テレビ、テレビ神奈川などのローカル局の番組枠を買い取り、ご自分の歌のプロモーション番組『ハロージャガー』を放映していたんです。

私は高校、大学のころ、TVK(テレビ神奈川)好きだったので、よく見ていました。
確か深夜のMTVが終わったあとに『ハロージャガー』をやっていたような気がします。

写真は、お正月に実家へ帰ったときに探し出した、そのジャガーさんの貴重なセカンドアルバム。
マニアックな実弟が購入したものです(笑)。

その名も

 『JAGUAR SECOND』 

そのままや・・・(笑)。

JAGUAR SECOND ラベル

質感のあるLPレコードのジャケットから歌詞カードを取り出せば、昔よく聞いたフレーズが思い出されます。歌詞だけでもそのシュールなジャガーワールドを感じることができるでしょう。

たとえば、代表曲のひとつ『だまってジャガーについてこい』はこんな感じ


だまってジャガーについてこい

作詞・作曲:JAGUAR

バカー 気をつけろ どこをみてやがる
地底をうろつく ハイエナどもが
お前を求めて つけ狙いおいかける

ホラー だめだ 何をしてやがる
ジャガーはパワーで お前をガードする
お前はだまって ジャガーについてこい




いやぁ、20年ほどたったいまでも、相当キテる歌です・・・(笑)。
いきなり、「バカー」ですから・・・

すばらしいことに、その当時のPVの映像がYouTubeで見られます。
ご存知のかたも、そうでない方も存分にジャガーワールドを楽しめます。

私はしばらく懐かしさの混じった笑いが止まりませんでした・・・(笑)。



しかし、なんで怪獣と闘ってるんだ・・・?


Related Links
ジャガー Wikipedia
ジャガー公式サイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

臭いのが好き ~ 旭川 『蜂屋』 ~
ラー博 遠景

先日のラー博の策にすっかりはまり、チラシを持って新横浜へ。
しっかりと「3ヶ月フリーパス」を無料でいただきました(笑)。

久々のラー博ですが、内部はほとんどオープン時と変わっていませんね。
15周年ということならなおさら、店舗の交代以外でのサプライズが必要な気がします。

蜂屋の醤油

さて、念願の「蜂屋」さん。

1年10ヶ月前のラー博の前回訪問時も蜂屋さんでいただきました。

いただいたのは「しょうゆらーめん」(\800)

むむぅ・・・、前回のウマさが100ならば今回は80。さらに接客のオジサンのホスピタリティの低さに減点5。得点は75点也~。

特に麺の茹で加減が旭川・加藤らしくなくヤワヤワ。加水率の低さによるボソボソ感が私は好きなんで、ややへこみました・・・(笑)。

でも、スープはやはり旨いです。臭みとのギリギリの線でのウマさを実現した焦がしラードは素晴らしい味わいです。

今回いただいて気がついたのは、豚モツの串焼きの旨さに近い、旨みと苦みと臭みが渾然一体となっているということです。

これって、酒飲みのオヤジにしかわからない旨みのような気がします。

とはいえ、この蜂屋には家族連れのお客さんたちも多数、入店しているんです。はたして、どれだけの人がこの旨みがわかるのでしょうか。相当、通好みな風味なんですがねぇ。


ラー博 スナック街

ごちそうさまでした~

レトロな町並みをぶらぶらとして帰ります

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.