FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
ボリショイバレエと回転寿司
冬の三浦海岸

Depressionという気分も鬱ぎみになりそうな景気のさなかですが、年末に会社の泊まりこみ研修に三浦海岸へとうかがいました。社内でも経費削減の声がかまびすしいなかの強行軍です(笑)。

やはり、景気の悪いときこそ、ビジネスを積極的に考えなければなりません。

このミゾユウの状態が空前絶後の景気停滞期だというならば、この期を画する「画期的」なことこそが求められます。
それには、にわかマクロ経済評論家になって世を憂うことだけに労するのではなく、地に足をつけた現実的で、実践的な新しい取り組みを考えなければなりません。
散漫したベクトルのなかでこそ、新たな方向付けをすることが容易になってくるはずです。


12月の初旬にたまたまNHKで見た、あることばが今の時代に非常にマッチしていて感銘をうけたのを思い出します。

「人はいい時には成長しない。 悪いときにこそ成長する。」

 ボリショイバレエ団 プリンシパル 岩田守弘さんのことばです。彼はバレエの才能ををもって、19歳で旧ソ連に渡ったものの、長らく不遇の時代を経たそうです。でも、38歳の今、名門ボリショイにおいて旧ソ連以外の外国人では唯一のソリスト。

今、この不遇の時代だからこそ成長するために必死の努力をするべきなのでしょう。

そういった意味では、三浦海岸での一泊二日の新たなビジネスを探る研修は有意義だったように思います。きっと、この研修から生まれた新たなとりくみが新年から行われることでしょう。

海鮮の特上ランチ

されど腹が減っては戦にならず。
せっかくの三浦ですからお寿司をいただきましょう。
とはいえ高い寿司ネタにはきりがありません。ここはコストパフォーマンスが高いところで。

三浦海岸駅から海岸へ徒歩2分ほどの「回転寿司 海鮮」さんへうかがいました。

「特上ランチ」(\1,050)は、めちゃくちゃリーズナブルです。このウマさでこのお値段は本当にすばらしいです。しかも、あら汁もうまし!
マグロは1貫だけですが、この値段のランチについてくる代物ではない中トロです(笑)。

いやはや、ごちそうさまでした。


さあ、来年もはりきってまいりましょう~


■Related Link
回転寿司 海鮮 三浦海岸店
NHKプロフェッショナル仕事の流儀 バレエダンサー 岩田守弘

スポンサーサイト

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

帝国の昼
帝国ホテル ランチョン

とある会合で帝国ホテル

さすがに歴史あるホテルですので、なんとなく厳かな雰囲気が漂います。
ただ、バツグンのホスピタリティを提供しているかというと、私には普通の日本のホテルと変わらないように思えました。おそらく私のような庶民ではない、高貴な方にはまたちがったグレードの接客があるのでしょう。

お上品なランチョンをいただき午後を過ごせば、強烈な空腹感にさいなまれます。
夕刻に終わる会合をそそくさと退出すれば有楽町駅へなかば疾走。

帝国ホテルとならんで歴史ある西洋風ホテル、箱根富士屋ホテル・・・と屋号の似た・・・

渋谷 富士屋 本店 へと向かうのでした~(笑)。

富士屋ディナー

私にはこちらの風情のほうがしょうに合うようです(笑)。
ごちそうさまでした~。


関東大震災にも耐えた堅牢な構造もさることながら、その美しさも評価の高いフランク・ロイド・ライト「帝国ホテル」も見てみたいものです。
とはいえ、それが現存する名古屋の「明治村」までわざわざ行くのはちょっと難しいですねぇ。せめて関東地方のどこかに移築していただければありがたかったです~。
ちなみに、箱根富士屋ホテルも関東大震災のときには倒壊せず、窓ガラス一枚も割れなかったようです。

ああ、いずれにしても、どちらかのホテルにいつかはゆったりと年末年始に泊まってみたいものです・・・。

Related Links
帝国ホテル
富士屋ホテル
明治村

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

September Love Again
一風堂 赤丸かさね味

「すみれ~、セプテンバー ラーブ
 踊ろう~ セプテンバー ダーンシーング」


『すみれ September Love』を口ずさみながら入店したのは、「博多 一風堂 横浜ポルタ店」

昼と夜の間のアイドルタイムだというのに、従業員が10人もいるのはすごいです。近隣の飲食店はガラガラなのにコンスタントにお客さんが入っているんですよねぇ。

ランチと夕方のピーク時には20人くらいの行列ができるほどですから、横浜駅近辺では家系宗家の「吉村家」にも匹敵する繁盛店です。

さて、いただいたのは、「赤丸かさね味」(\850)。

「赤丸新味」は昔いただいたことがあったのですが、「赤丸かさね味」はそのバージョンアップ版のようです。お値段もついでにバージョンアップしてます(笑)。「赤丸新味」はメニューから無くなっていますね。おそらく以前は福岡の本店でのみ扱っていたメニューです。

うん、おいしいですね。期待を裏切らないおいしさです。
一玉では、名残惜しいスープに負けて、替玉をいただくことに・・・(笑)


とはいえ、「赤丸替玉」(\150)をプラスすると、1,000円
博多ラーメンとは、おいしくリーズナブルにいただけるものという、私の勝手な理想像からはやや乖離する印象は否めません。もう少し勉強していただけるとありがたいです~。

「すみれ~、セプテンバー ラブ アゲーン
  今夜は~ セプテンバー ドリーミーング
   ゆら ゆら ゆらーれて らいらいらいらーい」



おいしゅうございました。ごちそうさまでした~。

Related Link
博多 一風堂 HP
一風堂 (バンド) - Wikipedia

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

希求の旭川ラーメン
旭鳳堂

北海道には出張で数十回行ったことがあるのに、旭川にはまだ一度も訪れたことがありません。

本場には行かずとも、旭川ラーメンは私のとても好きなラーメンです。

吉野町のぺーぱん、新橋にあった旭王、ラーメン博物館にあった青葉、今もラーメン博物館にある蜂屋
いずれも、私の好きなラーメンです。

そんな旭川ラーメン、最近は食べる機会がとんと少なくなってしまったのですが、午後から大久保での仕事がありましたので、大久保の旭川ラーメンのお店「旭鳳堂」さんにうかがいました。

加藤麺系列ということで、相当の期待をもっていただきました。
「正油ラーメン」(\700)

うーん、おしいです。もう少しで私の好みの旭川ラーメンなんですけどね・・・

とはいえ、ごちそうさまでした。


やはり、旭川ラーメンの旨さは低加水のしっかりとしたボソボソの麺と、若干ニオイたつ魚醤にも近いほどの魚クサさと強いラードにより構成されているのです。そのいずれかが欠けると旭川らしくなくなって、普通のラーメンになってしまいます。

ああ、うまい旭川ラーメンが食べたいです・・・。
やはり、近所のラー博に行かないとだめなのかしら。
入場料込みだと一杯1,000円を超えるというのが辛いところなんですよねぇ(笑)・・・・。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

明日の神話
横浜立ち飲み

すっかり忘れていました。
先日、記事にした試験のその後をアップすることを。

おかげさまで4時間フルに使いまして、試験はからくも合格。
惰弱な心身を引きずり、滋養強壮のため横浜西口の立ち飲み屋さんへと。
「キンパイ」さんに入ったのですが、お店の方がひとりしかいないらしく、レジの前に2名待ち。

渇望する心はその数分を待てず、斜め前にある新しい立ち飲み屋さんへとそそくさと鞍替えするのです(笑)。

初めて入ったそのお店は、「ちょいのみや」
コギレイで、リーズナブルな、今風の立ち飲み屋さん。
同じ立ち飲み屋さんとはいえ、「キンパイ」とはまったく別の業態のようです(笑)。

店員さんは、3名とも若い女性ですので、この女性たちを目当てにくる常連のオジサンも多いことでしょうね(笑)。


さて、生ビール、白ホッピーと呑み継ぎ、体力が回復したところで、横浜から渋谷へ移動です。
この日は、ある国防組織の仕事に関わった仲間たちとの忘年会だったのでした。

明日の神話

宴会のお店へと向かう途中、渋谷マークシティの連絡通路を通ると巨大な壁画がありました。
あきらかに岡本太郎のそれです。

『明日の神話』

今年の11月には渋谷に設置されていたんですね~。

『ゲルニカ』とも通じる悲しい力強さを感じる絵です。素晴らしい・・・。



Related Links
ちょいのみや
岡本太郎 『明日の神話』
キンパイ
 ※前回キンパイに行ったときもテストの帰りでした・・・(笑)

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

搾取の結実
チョコレートの真実

常磐ハワイアンセンター(古!)のお土産にマカデミアナッツチョコレートをいただきました。
ちょいと濃い目のお酒のアテにはチョコレートはいいものです。
ごちそうさまでした~。

とはいえ、このチョコレート。用心して食べないといけないかもしれません。『チョコレートの真実』を読むと、否応無くそう考えてしまうのです。

この本では、チョコレートの元となるカカオの実が貧しい国で過酷に採取されているという事実をつきつけます。それは、大航海時代の過去から現代まで久しく続く現実なのです。


このカカオに限らぬ他国の搾取からなりたつ「真実」を知ったところでなにかできるかというと、せめてハンバーガーショップであれば、マクドナルドのコーヒーではなく、フェアトレードのウェンディーズのコーヒーを飲むことくらいが庶民の品格というところなのかもしれません(笑)。

でも、こういった事実認識を持つことは将来のポジティブな社会の動きを手助けすることになりましょう。





自給率の低い国でくらす人にとって、ぜひ読んでおきたい一冊かもしれません。

テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ

ナポリタン v.s. イタリアン
ナポリタン/イタリアン分布図

ナポリタンといえば太めのスパゲッティをケチャップで炒めた純和食。

そのメニュー名は日本全国で通じるものですが、なぜか喫茶店などの飲食店では「ナポリタン」ではなく、「イタリアン」と称しているところもあるとのこと。
ナポリタンスパゲッティの名著である『ナポリタン!』(上野玲著)には、その分布状況と理由について書かれています。

 そこで全国の都道府県にある喫茶店を無作為に抽出して、その地域ではナポリタンとしているか、イタリアンなのか、それともその混合なのかを調査した。
 その結果をみると、中部、関西圏にイタリアンが多いことがわかった。
 関西以西はナポリタンとイタリアンが混合しているようだ。

『ナポリタン!』 上野玲著



残念ながらまだ私は「イタリアン」という名のナポリタンに出会ったことがありません。関西のイタリアン圏に訪問の際はぜひに探してみましょう。


とはいえ、この「ナポリタン対イタリアン」の枠組みからすっかりはずれたイタリアンの存在が東京にありました。

大手町「リトル小岩井」「イタリアン」(\510)です。

イタリアン@リトル小岩井

イタリアンといっても関西圏のナポリタンではなく、塩味。ケチャップは使っていないイタリアンです。
さっぱり目のお味で、私が好きなリトル小岩井のメニューのひとつなのです。

太めのスパゲッティに小エビ、マッシュルーム、ベーコン、ピーマン、タマネギが入った逸品。
キャベツのピクルスがついていて510円というとても良心的なお値段です。

いつもごちそうさまです~。


ナポリタン/イタリアン文化圏のせめぎあいのなかでは、異端的な存在の「イタリアン」ですが、末永くこのお味を守り通していただきたいと切に願うのでした~(笑)


※追記
 この日のイタリアンはこれまでになく、かなり薄味でした。たまたまなのか、それともレシピが変わったのか・・・。次回、食したときにその答えをさぐってみましょう。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

景気づけの一杯
20081211123248


プロジェクト管理の資格試験を受けに横浜へ。
午後からの試験なれば、戦(いくさ)前の腹ごしらえは、西口ヨドバシ地下の「ちゃぶとん」で景気づけの一杯を。

「ちゃぶとん」は護国寺「ちゃぶ屋」のチェーン業態。ちゃぶ屋とは違い豚骨がメインのお店です。

以前、「とんこつらぁ麺」(\680)はいただいたことがあったので、今回は「醤油らぁ麺 新三河島式」(\680)。

甘めの醤油スープは、台湾風で揚げネギが散らされ、もやしが載っています。麺は細目のストレート。おおきなチャーシューが特徴的です。深いどんぶりの形状にもよるのでしょう、なかなか冷めないスープがうれしいです。

お味に新進気鋭のものを期待していると、やや肩すかし。意外に古風なものです。とはいえ、まとまりのよいラーメンです。

カウンター席からふと目に入る、箱に入ったスープダレ。

セントラルキッチンかメーカーで作られたものなのでしょう。
チェーン店とはわかっていつつも、実際にお店で見ると、もの哀しいものです(笑)。

ごちそうさまでした。

さて、お店を出てラーメンと同額のドリンク剤をゴクリゴクリと嚥下すれば臨戦態勢は万全。いざ試験会場へ参りましょうぞ。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

逡巡の吉野町
20081208204231


弘明寺の
 務め終わりて
  お昼どき

吉野町にて
 なにをか食らわん


横浜市営地下鉄、吉野町駅から地上にでてもなお、優柔な心は決めかねているのです。

昔、訪れたことのある旭川ラーメンか、それとも未開拓の支那そばのお店か…。

やはりこういうときは、既知の安定よりも、未知のリスクを取りましょう。新しい現実を求めましょう。

ということで、「流星軒」さんにて、「支那そば(醤油)」(\700)をいただきました。

魚介系のかおるおいしい支那そばです。七輪であぶられたチャーシューもいいアクセントとなっています。

脂はやや多く、スープとのバランスで麺が若干弱いかもしれませんが、総じておいしいラーメンと言えるでしょう。

客層は、若い方から中高年のご夫婦、子供連れと多様です。

アットホームな雰囲気と優しいラーメンが幅広い客層から支持されているのでしょう。

リスクを取った甲斐がありました。
ごちそうさまでした~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレーに生卵
20081205192930


カレーに生卵をかけますか?

牛丼ならまだしも、カレーにかける人は少数派ではないでしょうか。
わたしも普通はかけることはないのですが、あるお店にきたときは必ず生卵を載っけてしまいます。

そのお店は「インデアンカレー」

「インデアンカレー」(\730)+「玉子」(\50)をいただきます。。


はじめ甘くて、すぐに程よい辛さのくる、味わい深いルー。
すばらしいカレーです。

これに、生卵が入るとマイルドさに拍車がかかって、もう無敵です(笑)。


東京駅近くのTOKIAにある大阪の名店です。

ごちそうさまでした~。

Link
・インデアンカレーのHP

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.