FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
汎化と特化
20080624235307


なんでもできるは、なんにもできないということ。

なんでもあるは、なんにもないということ。



北海道ラーメンとのお店の看板に、札幌味噌ラーメン、函館塩ラーメン、旭川醤油ラーメンがひとつところでいただける合理的なお店、さんです。

いただいたのは札幌味噌らーめん(\750)。この麺、好きです。味の時計台ラーメンも確かこんな麺でした~。低加水、硬め、角アリで色濃いめの縮れ麺、私好きなんですよ~。

ともあれ、いろんなことに手を出さず、そろそろ私もなにかに特化したほうがよさそうです。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

食わぬが華の高級珍味
20080623232833


馬刺が好きです。

新鮮でみずみずしく、脂があまりのっていないものが好み。

ただ、赤身ではないまっ白い馬肉、「タテガミ」はこれまで口にしたことはありませんでした。馬の首の「こうね脂」ともいわれる部位です。

友人の不労所得の消費を手助けするプログラムは、こうした高価な食わず嫌いを解消するよい機会です。遠慮なくいただきましょう。

いただいたのは銀座にある「かちわり亭」さん。アットホームな居酒屋の雰囲気でお客さんも年配のサラリーマン風情の方がほとんど。結構な騒がしさです。でもやはり場所が場所だけにお値段は銀座プライス。

さて、肝心のタテガミです。通常、純白という色から受ける心象とは異なり、ずっしりと迫ってくる白です(笑)。意を決して口へと運びますれば…。

う、うーん…

脂だけで口内ですぐに溶けることを予想していたのですが、意外にかみごたえがあります。

むむむ…

肉にひたしたにんにく醤油の味はすでに消え去り、口腔を占拠するのは馬の脂のみ。

これはまさに珍味。やはり、食わず嫌いが正解ということは多いものです(笑)。

とはいえ、ほい○んさま、毎度ごちそうさまでした~。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

トラディショナルな家系
20080619232445
新宿のお昼。場外馬券売り場の裏路地。瓶ビールを道端でラッパ飲みする人。数名の警官に職質されている異国の人。都内には数少ない家系(いえけい)を探す人。

みつけたのは「横浜ラーメン町田家」さん。「ラーメン」(\650)固めでいただきます。立地が悪いにも関わらず、結構繁盛していて、私が座るとカウンターしかない店内は満席です。

ラーメンは極めて伝統的な家系のつくり。酒井製麺の太く短い麺、濃い醤油豚骨スープに鶏油。しっかりした海苔、ほうれん草、硬めの煮豚。基本に忠実なゆるぎないうまさです。

硬派な家系ですが、他の家系では見たことのないメニューがひとつありました。それは「メンタイラーメンセット」なるもの。不思議と単品メニューもトッピングメニューにもない「メンタイ」なのです。はたして家系の野趣あふれる豚骨醤油に明太子は勝てるのでしょうか。

ともあれ、ごちそうさまです。さあ学校に戻りましょう。くわえ楊枝で、ティファニー、エルメス、ヴィトンを抜けて。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

"A DARKNESS MORE THAN NIGHT"
20080617222047
久々にHARRY BOSCHシリーズを読みました。シリーズ第7作目となる"A DARKNESS MORE THAN NIGHT"。ボッシュ・シリーズではない"BLOOD WORK"の主人公TERRY McCALEBとの共演によるストーリーとなっています。

同じくボッシュシリーズ外作品の"POET"の主人公JACK McEVOYも登場しているので、すっかりオールスター戦の様相。これまでシーケンシャルにコナリー作品を読んできた読者にとっては楽しい作品です。

元犯罪分析官のマッケイレブのもとにかつての同僚である女性捜査官が捜査の協力を求めてきます。彼女は行き詰まった殺人事件のプロファイルを依頼してきたのでした。調査を進めていくにつれテリーは、知人でもある刑事ハリー・ボッシュが容疑者であることに確信を持つようになるのです。ボッシュは自身に容疑がかけられていることに気づき、行動をおこします。そして2人は過去と現在の暗い闇に対峙することになるのです。

さて、MICHAEL CONNERLYの作品にはいつも音が背後にあるのですが、本作品には"Art Pepper meets the Rhythm Section"が流れています。テリーがハリーの家にいったときにながれていた曲です。軽快なリズムにペッパーのアルトサックスものっているかのようですが、裏には確固とした悲哀が横たわっている感じが、本書の雰囲気にとてもあっているように感じました。

ところで、テリーが食べようと意気込んでいたのに食べられなかった料理があります。売り切れで食べられなかったのは、キューバ料理の"lechon asada"。どんな味の料理なんでしょうか。ぜひ一度食べてみたいものです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

新しい建造物の力
20080614225629
土曜の学校は午後後半、虚ろになりつつも終了。スの入った頭を抱えつつ、せっかくなので最近できた副都心線で帰ることにしました。

新宿3丁目駅に潜って気づきます。「最近」できたのではなく「今日」開通だったのですね。メトロではありえないブラブラとした人たちと警備員の多さが異常なのです。

急行で一駅の渋谷駅構内には電車が走れない線路がありました。これは、工場中、それともオブジェなのでしょうか。

山手線と並行するこの新線の有効性は別として、新しい建造物はとてもワクワクします。新たなエネルギーを得られるのです。

ごちそうさまでした~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

凛として五月雨
20080610234445
暑い陽気が続くかと思えば急に小雨が落ち始めるお昼。横濱家の系列店である「麺やの温故知新 凛として」さんにうかがいます。

「ゆず塩ラーメン」(\680)をいただきました。
おいしいです。ただ、けっして悪くはないのですが、どうにも平板な感じです。特徴たるゆず風味は柚子胡椒の尖った辛さばかりが立っています。もう一歩頑張って欲しいものです。

さりとて、平日のランチタイムに顧客が3、4組というのは大丈夫でしょうか。高尾店、横浜そごう店、師岡店はすでに閉店しているようです。

ごちそうさまでした。

外に出ると残る雨。凛として五月雨を歩きます。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かくしてルーはつくられた
20080609232720
蒲田のインディアンさんで食べたカレーにインスパイアされて作ってみました。ルーから作るカレーです。

ヘット(牛脂)を温め、そこに同じ量くらいの薄力粉を入れて、ゆっくり火を通していきます。実のところ、ヘットは手には入らなかったので、ステーキ焼き用の小袋ヘットを3つとオリーブオイルで代用しました。

ところが、のんびりと火にかけても一向に色付きません。どうしようかと、へらをかきまぜることしばらく。何かが間違っているのではという疑念が心に色付く頃、急激に小麦粉が褐色と変化していきます。
かき混ぜながらも火にかけたり、下ろしたりすること数回。ほどよい色合いでカレー粉投下。うーん、なかなかいい感じです。

別の鍋はいつものカレーと同じ作り方。オニオンスライスを褐色になるまで弱火で炒め、塩コショウ、カレー粉、ヨーグルトをまぶした豚肉も炒めたあと、ブイヨンスープに投入。

そして、ついに、満を持して、特製カレールーを投下~!

さて、お味のほうはいかがでしょうか?一口、お味見です。

うぅっ…。に、に、苦い……(泣)。

かくして、3時間にわたる努力はすべてシンクのディスポーザーの藻屑と化したのでした。

色不異空、空不異色
 色即是空、空即是色…

ディスポーザーの回転音は般若心経の無常さとともに回り続けるのでした…。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

依怙(えこ)カー
20080607213051

トンガったニュースがいつも楽しいWIRED VISION にて、新型プリウスに乗り換えるより燃費のよい中古車のほうがエコだという記事が載っていました。

端的にいえば新型プリウスを一台生産するには7万4000キロ相当を走った分のエネルギーを使用し温暖化物質を排出しているため、すでにこの「炭素の負債」(carbon debt)を償却している中古車のほうがエコだというロジックです。なかなか説得力あります。

メーカーによる「エコ替え」などという低燃費の新車購入策に煽動されることなくエコを考えなければなりません。

とはいえ、レギュラーが170円台を超えるという異常事態においては、もはや持たざることが最良のエコかしら。

ところで、依怙贔屓(えこひいき)の依怙とはどちらか一方の肩を持つこと寄ること。エコロジーかエコノミーかといえば私の依怙(えこ)はエコノミーのエコ(笑)。

写真は私の依怙するオールド・ミニ。いつかまた乗れるでしょうか。

□Link
「新型プリウス」よりもエコな「中古車」、米国で人気 - WIRED VISION NEWS

テーマ:低燃費車 - ジャンル:車・バイク

ホール担当はミルク
20080606233703

もはやミルクは置いていない「栄屋ミルクホール」。神田のランチに寄らせていただきました。

看板に「軽食・喫茶」とありますが、お茶しようと入ってもメニューにはラーメンかカレーくらいしかありません(笑)。

「ラーメン」(\590)を注文しますと、ホール担当のおばちゃんが「そば、一丁~」。

いかにも東京ラーメンで落ち着きますね。とはいえ、スープはしっかりとしたベースの上に載っており、若干多めかと思える脂ののり具合もなかなかよろしく、かなりイケてます。細麺との相性もよろしいです。こりゃ、旨い。スープもすべていただき完食です。

200806062337032

ホール担当のおばちゃんは親しみ易さがありつつ、ちょっと乱雑。虎ノ門のハングリータイガーを思い出してしまい、やや感涙です・・・(笑)。

ま、まさか、このホールのおばちゃんの源氏名がミルク

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

偉大なる味噌と多様性
20080602200149

新宿西口甲州街道沿いにきれいな看板で目立つラーメン屋さんは「十味(とおみ)や」さん。

足を入れれば、思いのほか狭小かつ年季の入った店内に戸惑います。ファサードとのイメージギャップに一抹の不安を抱えつつ券売機で食券を手にするのです。

カウンターの椅子はビニール生地がところどころ破れたアンティーク調。白いチノを履いてこなかったことに安堵していると、ほどなくして「味噌らーめん(\680)」がでてきました。

スープはベースのコクが弱く味噌の旨味に頼ったもの。味噌という調味料の偉大さをつくづく感じることができます。とはいえ、チャーシュー、半熟玉子(丸)、茹でもやしといったトッピングはがんばっていてよろしいのではないでしょうか。また、大盛無料、ランチタイムはライス無料のガッツリ系というのも、素晴らしいです。

この手のラーメン、結構私好きです。猫も杓子も「豚骨&魚介系」のダブルでコクありまくりです~というこのご時世。肩肘張らずにすっきりコクなしというのも趣向があってよろしいかと…。
今の世界に求められるべきは、多様性が認められる文化なのです。

ごちそうさまでした~。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.