FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
さようなら赤坂
20070331002828
半年あまりの赤坂生活も、はや終焉を迎えることとなりました。自社に机も持たない根無し草の私が次にうかがうのは東京下町。仕事そっちのけで未開エリアの開拓に胸を焦がす毎日です。赤坂よ、これまでありがとう。
スポンサーサイト
「トニーローマ」@溜池山王
20070328223126
東北新幹線の切符売場からホームまで男3人で駆け上がったのは、ある会合に間に合わせるため。それは年甲斐もない「合コン」・・・いつもお気を使っていただいている受付嬢の方々との懇親会なのでした。〈つづく〉
「チャンポンめん」(カップ)
20070328131558
「チャンポンめん」のカップ麺を近所のスーパーで発見。いただいてみました。うーむ、なんともひなびた風味・・・、昔に食べたカップ麺のようなお味ですねぇ。ナゾのキャラ「とびっこ」ちゃんは袋麺同様健在なり。
城山三郎氏を追悼し再読決意
20070327130223
先週お亡くなりになった城山三郎氏の作品、本棚から引っ張り出してみると思いのほか読んでいたようです。どの作品がよかったかなぁ・・・。あ、だめだ。まるで思い出せん・・・。されば今一度読み直してみましょう。
「ビアスポットアサヒ」@赤坂
ビアスポットアサヒ

 22時過ぎに仕事が終わって「軽く30分」とのいつもながらのお約束でうかがったのは、お久しぶりの『300円ショップ』さん。赤坂の目抜きの交差点にありながら全品300円というお店です。この立地条件と価格設定ながらいつ行っても混んでいないのが不思議です。みすじ通りと日枝神社への通りが丸見えのガラス張り店舗ということが、混んでいないひとつの要因でしょうか。なにせ道行くひとから丸見えですからね~(笑)。
カツ!

 さりとて、生ビールは小ジョッキなれど300円。その他、飲み物、食べ物、すべて300円ですから、すばらしいです。安価悪質ということはまるでなく、おつまみは下手な立ち飲み屋さんよりも旨し。この日は特に「豚薄切カツ」がおいしかったです~。そのほか、ポテトサラダ、マグロブツ、串カツ、キムチ、などなどいただいてごちそうさまでした~。

 通りを眺めるガラス越しには、客引きの黒人の方々、着物の女将さん、スパンコール眩しいお店のお姉さん、ホスト系の若人、足元のおぼつかない年配の方などなど・・・、かなり幅広い夜の人間観察ができます。さて、明日もがんばりましょうか。

ごちそうさまでした~。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

「赤坂津つ井」@赤坂
20070324004645
 赤坂には数百の外食店舗があると思われますが、私のうかがったことのあるのは30店舗足らず。巨大な赤坂の胃袋の胃壁を少しでも多く探ってみたいと思いながらすごした半年間でしたが、振り返ると以前の溜池勤務時代の行動範囲から大きく新たなPlaceを開拓できたなかったのが残念ですねぇ。来月には赤坂から下町へと勤務地が変わってしまいますので、いまのうちに赤坂ならではのお店を訪問いたしましょう。

豚てり丼


 TBS前の赤坂通りにある「にっぽんの洋食 赤坂 津つ井 総本店」さんにお邪魔しました。かなり有名らしい「ビフテキ丼」(\2625!)はあまりに高すぎて食べられるわけもなく、「豚てり丼」(\1000)をいただきました。ビフテキ丼の2軍選手っぽくて、やや卑下た心持ちで口に運んだ豚てり丼だったのですが・・・

 ああ、こりゃウマイっすぅ~・・・。

 ごはんに載った薄切り豚肉が程よく焦げたタレにカラまれ、その柔らかな食感と旨みのある脂身とが口内にホワホワとおいしさを広げます。いやはや、ごちそうさまでしたぁ~。
 うーむ、豚てり丼でこのおいしさですから、ビフテキ丼はとんでもない旨さなんでしょうねぇ。これを食すのは密かなる人生の目標といたしましょう。

 すっかりごちそうさまでお店を出てから、レジでいただいた名刺型のミニパンフを見ますと、「上ビフテキ丼」があるようです。お値段\5,775也・・・。さすが赤坂上には上があります。私のランチの目標は分相応に並のビフテキ丼にしておきましょう(笑)。
「ららぽーと横浜」
20070324011429
先週オープンした「ららぽーと横浜」へうかがいました。「えぼし」さんの「しらす丼」など気になるものがあったのですが、あまりの人波に断念。結局マックでポテト食べて撤退。一体、何しに行ったのか・・・orz.

テーマ:横浜!YOKOHAMA! - ジャンル:地域情報

「つけ麺屋やすべえ」@赤坂
20070320221324
池袋大勝軒さんの閉店が、つけ麺つながりによる波及効果を生じさせたのでしょうか。いつも以上に混んでましたね~(笑)。

 「つけ麺」というラーメンの形態を生み出したのが「東池袋 大勝軒」店主の山岸氏。独立前の丸長グループ「中野 大勝軒」で修行中の1955年とのことですから、つけ麺誕生からもう半世紀たっているんですね。思い起こせば、私がつけ麺に親しむようになったのは20年ほど前、川崎・横浜ローカルなチェーン店「つけめん大雄」によるものでした。いま、一番好きなつけ麺というとやはり「武蔵(南青山店)」さんですねぇ。

やすべえ塩ラーメン とはいえ、私がいただいたのはつけ麺ではなく、「塩ラーメン」(¥680)。残念ながら酸味も甘みもちょっとキツめの「やすべえ」さんのつけ麺はちょっと私の好みではないのです~。でも、つけ麺の太め多加水の麺を使った塩ラーメンに、卓上のたまねぎと鰹節をドバドバ入れていただくとおいしゅうございます。ごちそうさまでした~。


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「らーめん山王流」@赤坂
20070320123236
 「らーめん(並)」(\600)を麺固めで~。

 「山王流」さんは都心ではめずらしい「横浜家系(よこはまいえけい)」ラーメンのお店。豚骨と鶏がらの濃厚スープに醤油ダレ。極太短めストレート麺。海苔、固めのチャーシュー、ほうれん草のトッピングというのが、家系の基本形です。

山王流ファサード 濃い目の味付けと脂ぎり加減で、嫌うヒトも多いですが、私は家系好きなんですねぇ。「山王流」さんは家系の本家「吉村家」「六角家」などと比べるとややマイルドです。「吉村家」のがっつりとしたフルボディの家系もよろしいのですが、マイルドでバランスがとれた家系も私は好きです。ごちそうさまです~。

■Related Links
前回の訪問記録
前々回の訪問記録

「吉村家」訪問記録
「しらいし」訪問記録

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「ヌルンジ」@赤坂
ヌルンジファサード

 辛いのが苦手なチーフが出張でいないお昼はコリアンフードと行きましょう(笑)。お久しぶりのヌルンジさんです。2丁目界隈にある本格的な韓国料理をいただけるお店のなかでも好みのお店のひとつです。

ヌルンジスンドゥブ

 「部隊鍋」とか他に食べたいメニューはあるのですが、やはりここは大好きな「水豆腐鍋」(¥900)をいただかないとなりません。おかずは5皿、この日はじゃがいも、にんにくの芽、もやし、白菜、煮干で、それぞれおいしいものでした。

 そして、韓国の素焼きの土鍋、トゥッペギでぐつぐつとでてくるスンドゥブ・チゲ。ああ、ほんにうましことよ・・・。辛いだけではなくしっかりとした旨みのあるお味です。あえて難をいえばアサリが入っていれば最高なんですけどねぇ。

ヌルンジヌルンジ
 浅利なくともこのお味なのですから、それはちょっと素人考えなリクエストなのかもしれません。

 さて、食事の終盤を見計らって出てくるのが、このお店の屋号ともなっているヌルンジ、ご飯のおこげの入った白湯のようなもの。辛いものを食べた後のお口直しによろしいのです。


20070316ヌルンジ 看板
 久しぶりにお邪魔したヌルンジさんには以前のご姉妹はいらっしゃいませんでしたが、にこやかできちんとした応対をする若い韓国女性の方々に好感がもてますね。

 お味、雰囲気ともども大変満足いたしました。次こそはブテチゲ(2人前から)にチャレンジいたしましょうぞ。ごちそうさまでした~。


■Related Links
 振り返ってみると思いのほか結構行ってましたね・・・
 ・前回の入店記録
 ・前々回の入店記録
 ・前々々回の入店記録
 ・前々々々回の入店記録
 ・さらに前の入店記録

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.