FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
丸暗記は大事
チェロ

 「ゆとり教育」によって、ずいぶんとゆとりがなくなってきました。学校以外の塾や習い事が増えたため子供のための支出が増えたからなのです。そのため、オヤジの小遣いは減り、新橋にもなかなか行けず・・・(笑)。そのような「ゆとり教育」が教育政策ではなく、家計の支出を増やすための経済政策であったことに気づいたのはつい最近なのでした。

 さて、ゆとり教育は、詰め込み型教育を否定し、余裕のある教育環境のなかで想像性を高めようとしているようですが、やはり創造性とは確固たる基盤、基礎知識から生まれるものだとおもいます。もちろん、ゆとりあるなか、混沌たるなかから生まれるものもあるでしょう。でも、すべからく人間はダレがしかの背に乗って生きています。過去の叡智の積み重ねによって現状の社会が存在するのです。先んずる輩(やから)の知識を理解、会得してこそ個人の才能はでてくるものなのでしょう。


 アメリカの教育には有利な点がある - 丸暗記ではなく創造性に重点を置いている - という通念について、ビル・ゲイツにたずねると、言下に否定された。中国や日本の丸暗記中心の学習からは、アメリカと競争できるような革新者がおおぜい生まれることはないという考えは、嘆かわしい間違いだ、とゲイツはいう。「(中略)秩序立てて物事を理解していないと、それより進んだ物事を作ることはできない」
フラット化する世界




 とりあえず、有無をいわさずおぼえることが大事なのです。なぜ憶えなければならないか、なんてなことを考えてはならないのです。
 とはいえ、以前のエントリーにも書いたようにワタシの若きころ、その意味あるところをセンセイに問うてしまい、あきれられたことを深く記憶しています。ああ、そのころからワタシの数字嫌いは始まってしまったのでした。アホなことをしたものです。


 彼はピュタゴラスと同じく、数学的真理の追究そのものに価値をみとめ、自分の仕事を応用することなど考えてはいなかった。あるとき一人の生徒が
、「いま教えていただいた数学はどんなことに使えるのですか」とエウクレイデスに質問した。授業が終わるとエウクレイデスは従者に向き直ってこう言った。「あの少年に小銭を与えなさい。彼は学んだことから利を得たいようだからね」そしてその生徒は放校となった。フェルマーの最終定理




 おお、ワタシの過去の出来事はユークリッド(エウクレイデス)センセイのなしたことと同じだったのですね。ワタシは放校されなかっただけ幸せだったのかもしれません。いや、小銭をもらって退学し、営利追及していたら成功していたのかもしれませんね・・・(笑)。

 ところで、この『フェルマーの最終定理』はすばらしい本です。ノンフィクションで、ワタシからは縁遠い数学の話なのに、めちゃくちゃエキサイティングなお話です。難しい事柄について子供に説明を求められたときに返答に窮することがしばしばあります。本質的に難しいことをわかりやすく咀嚼してあげるのは非常に難しいことです。この本は、凡人にはわかりようもない先端的な数学をテーマとしながら、古代から現代にいたる知を探求する人間のロマンを、わかりやすく、悲喜こもごもを織り交ぜつつかかれています。とても楽しい本です。

 それはさておき、やはり子供たちには「詰め込み教育」をガシガシとやっていかねばなりません。でも、自らが率先しないといけません。まずは、ワタシ自身もいまさらながら算数をやり直して見ましょう。


 【診断1】次の計算をしてください。(制限時間3秒)
   14×45=?
 【診断2】次の計算をしてください。(制限時間5秒)
   48×15=?
 【診断3】次の計算をしてください。(制限時間5秒)
   39×41=?
 【診断4】次の計算をしてください。(制限時間5秒)
   16×125=?
 【診断5】次の計算をしてください。(制限時間5秒)
   84×0.75=?
計算力を強くする





 な、なんだこれは・・・。プロローグでの計算力チェックですっかり勢いも萎えました。ホントに5秒で計算できるのか・・・?。

 でも、この本のテクニックを会得できればなんとかイケそうです。ちょっと憶えなければならないこともありますが、ちょっとがんばってみましょうか。
 とはいえ、年齢のせいでしょうか、暗記するのも結構大変ですなぁ・・・。計算方法を習得して子供に自慢するにはもう少し時間がかかりそうです(笑)。

スポンサーサイト
「リトル小岩井」@大手町
20061027000124
東北新幹線を東京駅で降りて、ちょっと遅いランチは大手町ビルヂング。久々のリトル小岩井さんで「日本の正しいスパゲッティ」をいただきましょう。おすすめメニューの「きのこバター」(\560)。ああ、ウマイっす。

<2006.10.28追記>
リトル小岩井 ファサード 「リトル小岩井」さんは、極太スパゲッティが妖しくおいしい、ワタシのお気に入りのスパゲッティ屋さんのひとつです。

 ■過去の入店記録
  ・「醤油バジリコ」
  ・「ナポリタン」
  ・「バジリコ」

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

「韓国家庭料理ヌルンジ」@赤坂
20061025232701
肌寒くなってくるとコリアンフードが恋しくなります。ということで、久々にヌルンジさんへ。「純豆腐チゲ」(\900)。辛くておいしいスンドゥブ。私の好きなアサリがないのは残念ですが、お豆腐たっぷりで、おいしいです。

20061025nurunji.jpg

 締めの一品はこちらの屋号にもなっています「ヌルンジ」です。おこげのおかゆといったところでしょうか。辛いものも食べたあとのお口直しにはとてもよろしゅうございます。

 さて、以前退店時の韓国語を教えてくださった妹さん(仮)はいらっしゃいませんでしたが、すてきなお姉さまはお変わりなく。でも、その唯一知りえた韓国語「チャルモゴスムニダ~」は、また忘れて言えず・・・(笑)

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

本日のディナー@home
20061024002.jpg

 今日も疲れて帰りますと、妻がお友達からいただいたというスペイン産の赤ワイン。軽く爽快なのみくちでおいしいです。濃厚なずっしりしたものよりもこういったすっきりした味わいの赤ワインは好きですね。

20061024001.jpg

 そんなワインのアテには、生ハムとチーズとオリーブのサラダです。シンプルなドレッシングでいただきましょう。オリーブはタネを取ってないとだめですね。タネの周りの苦味が気になるものです。

 そして、今宵のメインディッシュは待望の・・・

「イトメンのチャンポンめん」です。

20061024003.jpg


20061022231247.jpg
 ようやく調理する時間ができたのでした。とはいえ、気になるのは先日アップした、この袋麺のキャラ。公式HPによるとトンボをイメージした「とびっこ」ちゃんとのことです。ストレートにカワイイとはいいづらいキャラです(笑)。


20061024005.jpg さて、包装パッケージを見てみますと、「とびっこ」ちゃん以外に気になるモノが・・・。
 「エビ・シイタケ付」という文字が矢印の上にかかれています。しかもその矢印の指し示すところには調理例のどんぶりの写真がありちょうど生椎茸と海老がのっているのです。

20061024ebi.jpg

「まさかこの袋麺のなかにこんな椎茸と海老が入っているのか・・・。」
 (その矢印の先にあるパッケージの写真がこれです。)

20061024006.jpg で、袋を開けたらでてきたのがコレ。うーん、確かにエビ・シイタケ入っていた・・・(笑)。

 さあ、そんなことはさておき、調理いたしましょう。具材はキャベツともやしとニンジン。それと玉子を茹でてのせましょうか。

 はい、できました。

20041024008.jpg

 うーん、なかなかあっさりしていておいしゅうございます。先述の乾燥サクラエビとシイタケもパッケージに書かれているだけのことはあり、いいお味を出しています。イトメン、侮りがたし。
 さて、近所のスーパーにまだ売っているだろうか。売っていたら買っておきましょう。でもなぜ兵庫ローカルっぽい袋麺が神奈川県のスーパーで売っているのでしょうか。ひょっとしてこのイトメンさんは全国区化しつつあるのかしら。

 さりとて、ごちそうさまでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「中国料理たけくま」@赤坂
20061024214302
「野菜たっぷりタンメン」(\800)。名にたがわず、キャベツ、もやし、チンゲンサイ、人参、木耳、筍といったお野菜がたっぷり。しかも、イカ、貝柱、豚肉と具沢山。こりゃクォリティ高いっす。ごちそうさまです。

<2006.10.28追記>
赤坂中国料理たけくまの看板 「たけくま」さんは坦々麺がおいしいと有名なようで、ワタシも前回入店時にいただきました。でも、この「タンメン」もバツグンです。惜しむらくはいかにも中華屋さんのもっさりとした麺ですが、具材とスープはその若干のウィークポイントを十全にカバーしています。タンメン好きのワタシとしては大事にしたいお店です。

赤坂たけくまの坦々麺
 じつのところ、ワタシは「坦々麺」が苦手だったりします。あの、練りゴマの強烈な香りとざらつき感がダメなのでしょう。とはいえ、そんな私にもたけくまさんの坦々麺は大丈夫でした。というか、辛めにしてしまいお味がよくわからなくなってしまったのでした。スミマセン・・・。

タンタンメン
 ところで、同じ「たんたんめん」でも、川崎・横浜地域の郷土料理(?)の「タンタンメン」は大好きです(笑)。あの、ゴロゴロと入ったニンニクと唐辛子粉、ひき肉と溶き玉子。ウーン、最近食べてませんなぁ。近々でうかがってみましょう「元祖ニュータンタンメン本舗」


 さりとて、「たけくま」さん、おいしいタンメンをこれからもよろしくどうぞ。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

「とらふぐ亭」@赤坂
20061024134533
久々のフグですので思いっきり食べようかと思いつつ、途中ですっかりあきてしまいました(笑)。所詮、貧乏人の舌には馴染まないのでしょう。とはいえ、てっさ、てっちり、焼きフグと、おいしゅうございました~。

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

「チャンポンめん」byイトメン
20061022231247
近所のスーパーで発見したナゾのキャラ。目が異様に大きく、背中には羽根が生えている。口は開かれているが、その形状からは感情は読み取れない。一体、これは何者なのか。そしてチャンポンめんとは・・・。(つづく)
「黒らーめん好来」@センター北
20061021164606
なんつッ亭と同じ熊本人吉「好来」の系列店とのことでうかがってみました。「黒らーめん」(\650)。スープはコクなくさっぱり。マー油が香ばしさをこして苦いような気がします。味玉サービスだったからまあいっか(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「ラーメンげんき」@小山
20061020180450
小山駅には飲食店が少なくて少々難儀します。車社会ですから外食業は駅前よりもロードサイドに誘致されるのでしょう。「自家製ラーメン(しょう油味)」(\500)。はて、自家製じゃないラーメンもあるのかしら(笑)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「立ちのみ竜馬」@新橋
20061020001012
お久しぶりに竜馬さん。おいしく、お安く、あたたかいお店は健在でした。今日のヒットは「あんきも」(\300)。大阪から繁盛店視察にこられた同業の方々もいて、こちらの注目度がうかがえます。ごちそうさまです。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.