FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
かがやくエトワール
20110104Degas1

横浜美術館のドガ展。昨年の9月の開催直後からずーっと観に行こうとしてたのですが、結局開催最終日の大晦日に観賞。余裕こきすぎてて、もう少しで見逃すところでしたw。

今回の展示作品のなかでの注目はやはり『エトワール』。ドガの代表作品のひとつです。

「さすが、実物は違うよ~」

と通ぶるつもりは毛頭ないのですがw、本当に実物を観ると圧倒されます。

バレリーナの踊る舞台の光と影のコントラストが美しく、ライトを浴びたステージが光を放っているように感じるのです。展示会場の売店で販売していた数万円の複製画からはあの鮮烈な輝きは見られないのです。

また、この『エトワール』もしかりですがドガの後半の作品はちょっとかわった構図が多いようです。印象派が登場し近代的になる前の古典的な絵画と比すると、大胆というか、計算され演出されている構図とでもいうべきでしょうか。

彼は、複雑な動きを示す踊子や馬や歌手などの形態を追求することによって、人間や動物のメカニズムをいっそう的確に捉えようとした。いわばそれは、形態の真実を追求する科学者の観察であったとも言える。それによって、ドガは、思いがけないポーズや新しい視覚を見出し、新鮮な驚きを与えてくれるのである。
     ― 高階秀爾著 『近代絵画史(上)』 中公新書


ドガはつねに、ドラマティックな一瞬を描き出すために、モデルの配置に神経を遣い、あたかも舞台の演出を行うかのように、一枚の絵の構図を考えていた。だからこそ彼は、『エトワール』や『バレエの授業』のように、明らかに浮世絵の影響とみられる、伝統的な西洋絵画ではありえない、シンメトリーが壊れるような奇抜な構図をも活用して、作品を描いたに違いない。
     ― 高階秀爾著 『誰も知らない「名画の見方」』
             小学館101ビジュアル新書


それまでの伝統的な手法を用いつつも、それまでにない大胆な構図を用いたドガ。そのダイナミックな構図は今でも新たな発見を私たちにもたらすのでしょう。

今回の展示では『田舎の競馬場で』や『バレエの授業』なども展示されていましたが、私の好きな『アプサント』、『サーカスのララ嬢』は無かったのは残念でした。

『アプサント』はパリ、印象派美術館で、『ララ嬢』はロンドン、ナショナル・ギャラリー・・・。

うーん、観てみたいものですな~。とはいえ、単身、現地に観にいけるわけもなく、老後の楽しみでしょうかね~w。


さて、美術館でお土産に購入した『ドガ展』図録によれば、「オペラ座で主役を務める踊り子の中でも、特に花形にだけ与えられる称号」がエトワールとのこと。
明日、バレエコンクールの娘には、かがやく舞台の上、エトワール気取りではりきって踊ってほしいものです。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

将来の古典の愉しみ
20090825222306


とても高級な国産黒毛和牛のしゃぶしゃぶを東銀座でいただいた日、お店にはいる前にすぐ近くの歌舞伎座で1ショット。

ゆっくりと歌舞伎も勉強したいところですが、いまの私には先立つものも時間もなし(笑)。

改築まで1年もない現存の歌舞伎座での上演は見れるべくもありませんが、いつか新しい歌舞伎座で鑑賞できることを楽しみにいたしましょう。

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

ミケランジェロの誘惑
200906 michelangelo

紀伊国屋の美術コーナーに行くと、どでかく、ぶあつい本がありました。

『ミケランジェロ全作品集』

立ち読みをするには持ち上げなければなりませんが、この本は到底持ち上げて読む本ではありません。
この本は特定の場所に置いてじっくりと鑑賞するべきものでしょう。

しかしながら・・・、欲しい・・・

本物は身近に置きようもありませんが、この本は身近に欲しいです~

この質と量にして、このお値段ですから、かなりお買い得なんですが、3万円超えるとなると、社内稟議ならぬ家内稟議は通るはずもありません・・・(笑)。

いつか買うときのための備忘録として記しておきます・・・orz


テーマ: - ジャンル:本・雑誌

オードリーカワサキ個展 (AUDREY KAWASAKI SOLO SHOW)
200905 Audrey Kawasaki

娘のお友達が自宅へ遊びに来ることになりました。
だらしない格好のお父さんでは、娘のレピュテーションを下げかねません。
きちんとした身なりに整えていると、妻から

「身支度ついでに、パパはどこかに出かけてきたら?」

どうやら、娘は友達との遊びや会話を父親の私には知られたくないようで・・・orz


なかば家を追い出された格好とはいえ、まさに僥倖。
ひとりででかけるにはうってつけのイベントが本日あったのです。

それは、"Boing Boing"というサイトで知った "Audrey Kaswasaki"(オードリーカワサキ)の個展なのです。アメリカで注目されている新人アーティストの日本での初めての個展の開催初日だったのでした。

Preview of Audrey Kawasaki's upcoming solo show in Tokyo - Boing Boing May 5, 2009


それでは、先日教わったばかりの塩野七生先生からのお言葉を実践しましょう。

芸術作品とは、仲介者なしでそれと一対一で向い合い、作者が表現しようとしたことを虚心に受けとめるべきものだ

     - 『ルネサンスとは何であったのか』 塩野七生


ということで、ひとり南青山のSPACE YUIへと向かったのでした。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ちょうちょう結び
20080408000710

 「それ、ちょうちょう結びじゃない」


 下の娘からの指摘。

 確かに大人になった頃合いから、おかしいとは気づいていましたが、実務的に問題ないので放っておいた根の深い課題です。

 この40年近く染み付いた慣習を是正できるのか。新しい冒険が始まります。

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

History of Religion
 5000年にわたる宗教の地政学的歴史が90秒でわかるというのが『History of Religion』です。ぜひPLAYボタンを押して見てみて下さい。



 こうやって視覚的に見ると5つの宗教の歴史の長さの違いや地学的大きさの違いなどが鮮烈に理解できます。少なくとも私は宗教の発生順序は覚えました~。イスラム教が相対的に新しい宗教であることや、キリスト教が世界的に広まったのは比較的最近(といってもずいぶん前)ということは不勉強な私には新鮮な発見也~。

 この世界地図では日本は赤く「仏教」の国となっていますが、なんとなく違和感を感じるのは最近不信心な証左か。早速、お参りしておきましょう。

■Links
Second Life Debut!
20070717SecondLife1

 おくればせながら『Second Life』にデビューいたしました~(遅!)。

20070717SecondLife2
 最初のオリエンテーションアイランドで呆然と立ち尽くす私・・・(笑)。

 さて、どうなることやら・・・。


 ちなみに、名前は"Newrealities Rodenberger"。これから参入する方は、紹介者欄に書いてくださいね~(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

Flight Aware のアニメーション
FilgtAware

 "O'Reilly Radar"を見ていたら、"Flight Aware"という北米における航空機運行状況をリアルタイムに把握できるサイトの紹介がありました。(記事へのLink

 そのサイトそのものも素晴らしいと思うのですが、ググっと惹かれたのが北米における24時間のフライトのアニメーション。

 日中は活発に赤い光点が多数動き北米の形が見えるほどですが、真夜中はさすがにかなりさみしくなります。でも朝になるとまた徐々に東部のほうから西部のほうへとその動きが激しくなっていくのです。見ているだけで楽しいですなぁ。

 まるで、大きな生物のなかで流れる血液のようです。交通をたとえて「動脈」などという表現をすることがありますが、まさにそれが実感できるアニメーションですねぇ。

 (Quicktimeの表示サイズがでかいので勝手に半分のサイズにしています。元のサイズで見たい方はFlightAwareのここで)

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

不思議なビル@新川
20070625211153
 いつものようにランチを済ませてのんびり歩いていると、一瞬視界に入ったものに漠然とした違和感を感じたのでした。

 それは永代通り沿いにあるオフィスビル。釈然としない不安感を惹起させた理由を求めるべく眺めていると、はたと気づいたのです。

 「ハリボテだ・・・」

 最上階からの3階分が窓枠のついた単なる壁で中身が無いのです。上から3階目と4階目のすきまから青空が見えるのです。

 はたして何の意味からがあるのでしょうか。「霊岸島一の高さを誇るビル」を維持するための策だったりするのでしょうか。はたまた、経済合理性とは決別した精神的、宗教的意味合いがあるのでしょうか。

 このビルのことを考えると夜も安らかに眠れないのでした・・・。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

祝”PICKTAPS”復活
mickey.gif


 しばらく休業していた”PICKTAPS”が復活していました~。以前に私が作ったダンサーたちを見ることができますぞ。

 ・KONGO  古風なレスラー
 ・MICKEY エマニエル坊やインスパイア 上の画はこれ
 ・BIZMAN 普通のサラリーマン
 ・NEZI  つげ先生リスペクト

ぜひ、ご自分のダンサーを作ってください~。
Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.