FC2ブログ
「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
ダーウィンのフィシュバーガー
20080320002344

 ちょっと前の朝日新聞の1面に『縮む巨大湖 蚊の巣窟に』とありました。

 アフリカ最大の湖、ビクトリア湖の水位がさがり、水たまりが蚊の繁殖地になっており、エイズ、結核と並ぶアフリカの3大感染症のひとつであるマラリアが流行しているとのこと。マラリアの犠牲者はアフリカだけで年間100万人以上。大半が5歳以下の子供というからまったく悲惨なことです。
 犠牲の原因がマラリアというのは簡単ですが、じつのところそれを防御できない、治癒できないのは、貧困によるものではないでしょうか。

 その一片の答えとなるのが、ドキュメンタリー映画『ダーウィンの悪夢』


 ダーウィンの箱庭ともいわれ多彩な淡水魚が生息していたビクトリア湖に放たれた肉食大型魚ナイル・パーチ。在来魚を駆逐し大量に増殖をする。それは漁師たちにより捕獲され、タンザニアの湖畔の工場で大量に加工され貨物機によって先進国に運ばれる。この「産業」によって潤うのはごく一部の人だけ。絶対的大多数の人びとは貧困にうちひしがれている。パイロットや漁師への売春で生活する女性たち。そしてエイズの蔓延。ストリートチルドレンは飢えと恐怖を忘れるため、ナイルパーチの梱包の発砲スチロールを燃やした有毒な煙りを吸っている。加工工場で3枚におろされたナイルパーチの頭と骨のあらは炎天下の「加工場」で天日干しされ油で揚げられ山間の貧しい地域へと運ばれる。その加工場の足場は蛆がわき、発生するアンモニアにより、そこで働く女性の眼は無くなっている。アフリカの魚を運ぶ飛行機は空荷でアフリカに来るというが、内戦で使用する武器を積んでいるとの噂もある。

 積み荷の魚はどこへとの問いにパイロットの答えは、ヨーロッパと日本。

 とあるハンバーガーショップで食べる白身魚のフライ。これをいただく私はダーウィンのいう適者なのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

『不都合な真実』
AnIncovenientTruth
 ノーベル平和賞受賞で思い出しました。
 まだ、見てなかった・・・。


 『不都合な真実』 - An Inconvenient Truth -
 すぐさま、TSUTAYAでレンタルしました~

オレはジャック・バウアー~♪
24の日
遅きに失した感はありますが、24日は"24 -twenty four-"の日なので、YouTubeから24のTVコマーシャルを。


 このCM、おもしろいですよねぇ~(笑)。
 オレはジャック・バウアー
  電話代がすごい
 オレはジャック・バウアー
  でも、経費で落ちるのさ


テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

『24 - twenty four - seasonⅥ』
24 season 6


  ”おおお、
  やっと
  借りれた~!”



 六本木で飲んだあと、ほろ酔い加減で地元のTSUTYAへ寄ると、やはり先週からレンタル開始の『24 season 6』はすべてレンタル中・・・。仕方なしにキーファー・サザーランド主演の『センチネル』を借りて、おまけでついているシーズン5とシーズン6との間のショートフィルム『24 season 5.5』でヨシとしましょう。と、カウンターへ向かおうとするとちょうど店員さんが返却された24を棚に戻そうとしているではありませんか!おお、なんという僥倖・・・。店員さんに声をかけるとそのまま貸してくれました~。かくして、待望のシーズン6をようやく見ることができたのでした。


テーマ:DVD - ジャンル:映画

「秋刀魚の味」 小津安二郎
 先日にもさんまの記事を書きましたが、そろそろ本格的なさんまの季節です。季節感にちなんだ映画を見てみましょうと、「秋刀魚の味」をレンタルしてみました。

秋刀魚の味 ※←作品の中では岩下さんが飲み屋にいるシーンはありませんぞ・・・(笑)


 「秋刀魚の味」は小津安二郎監督の遺作。OZUの魔法使いはこの作品でもステキな味わいをカモシだしています。母親を亡くし家事の面倒をみる長女はそろそろ結婚適齢期、そんな娘をもつ父親は、一見朴訥としながらも内に一抹の寂寥感を抱え、亡くした妻にそことなく似ているマダムのいるTORIS BARへ行くのです。

 岸田今日子 「今日はどちらからのお帰り?
           ―――お葬式ですか」
 笠智衆 「ウーン ま そんなとこだよ」


 マダム役の岸田今日子さんは若くも淡い妖艶さを匂わし始めている時期なのでしょう、なかなかステキです。娘役の初々しい岩下志麻さんよりも個人的には興味があります(笑)。

 ところで、タイトルにある「秋刀魚」がこの作品のなかにはなぜか出てきません。会話の中にさえ出てこないのです。ではなぜ、「秋刀魚の味」というタイトルなのでしょうか。

 そこで、手前勝手に少々かんがえてみました。人生を季節にあてはめると、未熟で自己中心的に成長していく春の時期、伴侶ができ家庭ができ、家族が生活の中心となる夏の時期、そして、子供が巣立ち自分自身を見つめなおす秋、最後はフェードアウトをにらみつつ他者や社会への貢献をつくす冬といったことになるのではないでしょうか。
 そして、秋といえば秋刀魚。おいしいですが焼けば皮は焦げるし煙も出るしワタも苦い。

 そのようなことから、この「秋刀魚の味」とは人生の秋でのおいしくも苦い出来事をあらわしているのではないかというのが私の浅薄な推論です。いかがでしょうか。

 テーマはさておき、岸田嬢のトリス・バーでは笠さんがトリス・ウヰスキーを旨そうに呑んでいます。

 岸田今日子 「お水で割ります?」
 笠智衆 「いやぁ、そのままでいい」


 ああ、こんな旨そうに呑まれると、自分が呑んでいないのがアホらしくかんじられます(笑)。たまらず、近くのスーパーでトリス・ウイスキーを買ってきてしまいました・・・・。

トリス


 うーん、おいしいです。私も娘が結婚したらトリスのストレートを呑むことにしましょう。そんな人生の秋をむかえるまでには、ひとりで寂しく行っても呑ませてくれるステキなマダムのいるトリス・バーを見つけておかなければなりません。

 ■Related Link
 ・サントリーのトリスのページ


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

「24 -twenty four- season 5」
TWENTY FOUR
 ようやく見終わりました・・・。『24 -TWENTY FOUR- SEASON 4』

 おお、ジャック(Jack Bauer)・・・。アメリカ最強の男にして、なぜにあなたはいつもさみしいのでしょう。あまり詳しく説明するとSpoilerになってしまうので、多弁は不要ですが、終盤近くでのミシェール(Michelle Dessler)のセリフはステキです。こんなことを言われてみたい(笑)。さすがレイコさん(Reiko Aylesworth as Michelle)。


 I can't spend anotherday without you.
 I'm ready to leave here.
 I'm ready to go with you.


24 season5
 見終わってしまうと続きを期待してしまうのが心情。ちょっと調べてみると、なんと season5 は明日2006/1/15から放映されるとのこと。もちろん、USでですけどね(笑)。予告編を見ると麗しのクロエ(Chloe O'Brien)がちょっとステキな髪型で登場しています。『Entertainment Weekly』のReviewを見ると、season4から1年半後の設定のようです。ああ、なんとしても早く見たいものです。

 ワシントンとハワイ在住の友人よ。このエントリーみていたらなんか手立てを考えてちょうだい!(笑)

 "Tony, do you copy ?" by Jack @ 4th season 4:58:45
  (トニー、わかったか?)



 ■DVD
  ・『24 TWENTY FOUR シーズン4』

 ■Related Links

    検索すると変なサイトのリンクが結構、
    ひっかかりますが、以下のリンクは
    比較的オーソリティーあると思います。
    とはいえseason4を見終わっていないかた
    は見ないほうがよいかと・・・。

  ・シーズン5予告編
   ※『Entertainment Weekly』
      (米国では比較的品のあるエンタメ雑誌)
      のblogに入っている
      two-minute promo clip for season 5 from FOX

  ・『Entertainment Weekly』における
   24's fifth seasonのreview

   ※ネタバレ怖くて全部読んでません。

  ・Wikipediaの24
   ※ Spoiler warning連発。当然か・・・(笑)

  ・米国FOXの24
   ※season5については今のところまるで情報なし
    でも、サントラが聞けるのはうれしいかな
    →1/17 "Episode Guide"などがUpされています。
     読みたいけど読まずにガマン・・・。

テーマ:TVシリーズ - ジャンル:映画

「ベルヴィル・ランデブー」
ハウルの動く城
 主役の声優だけが理由で妻が発売日に即行購入した「ハウルの動く城」・・・(苦笑)。劇場でも見ていましたが再度DVDでみても楽しいですね。よくわからない部分はありますが、あまり堅苦しく考えることなく、なんとなく感じたとおりに理解すればいいんでしょう。
 ところで、そのDVDの特典ディスクには、ジブリ系の他のDVDの宣伝も含まれていました。このなかにとても気になる秀逸なプロモを発見してしまいました。それは「ベルヴィル・ランデブー」というフランスのアニメーション映画なのでした。

ベルヴィル・ランデブー
 この「ベルヴィル・ランデブー」、早速見たところ、めちゃくちゃイイんです。ハウルのDVDでのプロモーションでは、「おばあちゃんと犬のブルーノが行方不明になった孫のシャンピオンを探しに海を越えて大都会ベルヴィルへ向かう」との説明。てっきり幼いシャンピオンが行方不明になるような勘違いをさせられてしまうのですが、実際失踪するのは鼻がでかくて目が鋭く、ひょろっとした既に青年となったシャンピオン。ちょっと怖い。このシャンピオンに限らず、その他の登場人物もかなりきつめのデフォルメがされていてかなり濃いです。

 とはいえ、この映画全体に流れる映像は大胆かつ繊細で美しいものです。それに加えて音楽がすばらしい。三つ子の姉妹トリプレットの歌う『ベルヴィル・ランデブー』はつい口ずさんでしまいます。他のサントラもいいですねぇ。
 ストーリーとしては孫思いのおばあちゃんの大冒険という感じですが、圧倒的にこの映画全体を包み込んでいるのは厭世的ともいえるシニカルな人生感。お話としてはハッピーエンドにもかかわらず、老いた3姉妹の境遇やラストシーンのシャンピオンなどを見るに、ちょっと考えさせられてしまいます。

 さりとて、カンヌ国際映画祭特別招待作品にして、アカデミー賞2部門ノミネートは伊達じゃありませんぞ。すばらしい映画です。おとなはハウルを見ずともベルヴィルは見るべし・・・かな・・・。



■Related Links
 ・映画「ベルヴィル・ランデブー」オフィシャルサイト
  

→アメリカ版"The Triplets of Bellville"のプロモが正しい映画のイメージを伝えています。日本版はなぜかとげとげしさを無くしている感じなんですよねぇ。
   "The Triplets of Bellville" Video



 ・ハウルの動く城
 ・ベルヴィル・ランデブー


テーマ:アニメ - ジャンル:映画

The following takes place between 7 a.m. and 8 a.m.
TWENTY FOUR ああ、ついに見始めてしまいました・・・。『24 -TWENTY FOUR- SEASON Ⅳ』・・・。

 1話目があまりおもしろくなかったら、まあ適当にゆっくりと見てみようと思っていたのです。しかしラスト10分で、またもはめられてしまいました。しかし、なんでこんな展開になるのよ。ネタバレしちゃうから詳しいこと載せられませんが、つづきが気になってしょうがないじゃあないですかぁ。

 またもすっかり策にはまっています。でもそんなことは見る前からわかっていたマゾヒスティックな悦びなのかも(笑)。
 Jackは相変わらず突っ走っていて気持ちイイですなぁ。あやかって私もカロリーメイト食べようかしら(笑)。

 『24 TWENTY FOUR シーズン4』
 ■Related Links
  ・20th CENTURY FOX
  ・Calorie Mate × 24

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.