「新しい現実 The New Realities - Rebirth」へようこそ

ここにある記録が何らかのお役にたてれば幸甚でございます。

Google
ウェブ全体から The New Realitiesから
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年の一冊。会心のナルケ本。

 年明け一冊目はナルケ本『就活に「日経」はいらない』。
正直なところ、『本は10冊』以来の会心の作品かと。
三が日に1冊は本を読んでおこうと酔いの抜けた3日の夕方、夕飯の買い出しついでに本屋で手にした逸品なのでした。

 タイトルは過激ながらも予想どおり、「日経通読必須」などといった一般的な就職活動ではなく、オリジナリティを出すことが就職に役にたつといったことが趣旨のお話。されど、就職活動とは人生の基盤となる仕事に携わる入口。その仕事にすでに携わっている社会人にも身にしみる節があるのです。
たとえば、面接やOB訪問で会社側が単に就活生を選ぶのではなく、逆にその面接官やOBを通して会社を評価されていること。そして、そういった就活生の窓口となる人は一般的に企業の前線に立っておらず、本質的にはその企業のことはわからないということ。つまり、本当に現場でほしい人材ではなく、教科書通りの選抜ルールを通った、いわゆる「粒選り」の人材しか採用されないということだったりするのです。


 現場の私ならほしい人材は以下の3点を兼ね備えたやつなのです。

 ・おもしろいやつ
 ・しつこいやつ
 ・かしこいやつ

 3つめの「かしこいやつ」は、知識を持っているやつでもなく、計算が早いやつでもなく、良識的な人間として正しく気持ちの良い答えと動きができるやつのこと。この本のなかでは「地頭の良い」やつと表現されています。しかしながら、この資質はなかなか見極めるのが難しい。いや、そうでないひとが見極めるのはは難しいのではないでしょうか。私にはできるけど・・・(笑)。

ともあれ、就活の学生さんもさることながら、すでに社会人の方々においても、刺激をうけられる本です。もちろん、これから将来、就活を迎える大学生、高校生、そしてその親御さんも必読かと。


 さて、本書を3時間ほどで読み切った後、即座に中学生の娘に「かならず読んどけ~」と手渡したところ、1時間ほどで返ってきました。「This is a pen のところ、おもしろかった」。
 ああ、しまった。学年でビリから何番目という英語の成績の彼女には、『日本人の9割に英語はいらない』を見せないようにしていたのに、ちょっとしたナルケ流英語教育否定の部分が一番の興味をひいてしまったようです・・・orz。

ナルケ師匠の娘さんと同じ名前のわが娘なら、なんとか8年後の就活も乗り切ってもらえるかな・・・w。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

走るために読む本
20110207ReadToRun

四十にして物事に惑わぬようにと走り始めて2年半。
初めてのフルマラソンを先日、湘南国際マラソンで走りました。

4時間半前後のタイムをもくろむも、ハーフ過ぎて膝が痛み出しペースダウンしてしまい、30km付近からは歩いたり走ったりの繰り返し。リタイアの誘惑を振り切り、からくも完走した次第。

そして、ゴールアーチをくぐった後に完走メダルを首にかけていただけば感動もひとしお。
メダルをかけてもらったのがボランティアのおばちゃんじゃなくて若い女の子だったら、多分、強引にハグしていたことでしょうw。


フルマラソンではなく、ハーフマラソンや10kmマラソンとしても、大会となれば参加するランナーは、やはりそれなりの準備をすることでしょう。
とはいえ、毎日何時間も走れるほどの時間は確保できない市民ランナーがほとんどでしょうから、限られた時間で効率的な準備、トレーニングをする必要があります。
そんなときには急がば回れ。頭を使って走れるように、本から知識を得るのが最良だと私は思うのです。また、書籍によって得られる走ることに関する知識は、フィジカルな面だけではなく、長距離ランナーには重要と思われるメンタル面をも向上させてくれると確信するのです。

ということで、マラソンはビギナーですが、本読みとしては中級者クラスを自負する私のお勧めする「走るために読む本」をご紹介しましょう。

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

かがやくエトワール
20110104Degas1

横浜美術館のドガ展。昨年の9月の開催直後からずーっと観に行こうとしてたのですが、結局開催最終日の大晦日に観賞。余裕こきすぎてて、もう少しで見逃すところでしたw。

今回の展示作品のなかでの注目はやはり『エトワール』。ドガの代表作品のひとつです。

「さすが、実物は違うよ~」

と通ぶるつもりは毛頭ないのですがw、本当に実物を観ると圧倒されます。

バレリーナの踊る舞台の光と影のコントラストが美しく、ライトを浴びたステージが光を放っているように感じるのです。展示会場の売店で販売していた数万円の複製画からはあの鮮烈な輝きは見られないのです。

また、この『エトワール』もしかりですがドガの後半の作品はちょっとかわった構図が多いようです。印象派が登場し近代的になる前の古典的な絵画と比すると、大胆というか、計算され演出されている構図とでもいうべきでしょうか。

彼は、複雑な動きを示す踊子や馬や歌手などの形態を追求することによって、人間や動物のメカニズムをいっそう的確に捉えようとした。いわばそれは、形態の真実を追求する科学者の観察であったとも言える。それによって、ドガは、思いがけないポーズや新しい視覚を見出し、新鮮な驚きを与えてくれるのである。
     ― 高階秀爾著 『近代絵画史(上)』 中公新書


ドガはつねに、ドラマティックな一瞬を描き出すために、モデルの配置に神経を遣い、あたかも舞台の演出を行うかのように、一枚の絵の構図を考えていた。だからこそ彼は、『エトワール』や『バレエの授業』のように、明らかに浮世絵の影響とみられる、伝統的な西洋絵画ではありえない、シンメトリーが壊れるような奇抜な構図をも活用して、作品を描いたに違いない。
     ― 高階秀爾著 『誰も知らない「名画の見方」』
             小学館101ビジュアル新書


それまでの伝統的な手法を用いつつも、それまでにない大胆な構図を用いたドガ。そのダイナミックな構図は今でも新たな発見を私たちにもたらすのでしょう。

今回の展示では『田舎の競馬場で』や『バレエの授業』なども展示されていましたが、私の好きな『アプサント』、『サーカスのララ嬢』は無かったのは残念でした。

『アプサント』はパリ、印象派美術館で、『ララ嬢』はロンドン、ナショナル・ギャラリー・・・。

うーん、観てみたいものですな~。とはいえ、単身、現地に観にいけるわけもなく、老後の楽しみでしょうかね~w。


さて、美術館でお土産に購入した『ドガ展』図録によれば、「オペラ座で主役を務める踊り子の中でも、特に花形にだけ与えられる称号」がエトワールとのこと。
明日、バレエコンクールの娘には、かがやく舞台の上、エトワール気取りではりきって踊ってほしいものです。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

関東でもがんばってほしい来来亭
rairaitei
新しいラーメン屋に行っても、豚骨醤油魚介&魚粉系というワンパターンが多いですね。
これは最近、流行りのつけ麺も同様。
この「豚骨+魚介+魚粉」系は2年以内に相当数の店舗がなくなると思います。

そんな関東の流れのなかで、私が注目するのは「京都系」。

先日、滋賀県を本拠とし西日本にチェーン展開する「来来亭」にうかがったときに確信したのです。

とはいえ、もともと私は「京都ラーメン」には目がありませんw。

関西出張の際には朝1時間早く出て、京都の第一旭か新福菜館でモーニングですからw

関東で勘違いされている京都ラーメンは、細麺&すっきりスープのラーメンだったりしますが、その実、ずっしり豚骨をベースに濃い醤油と脂でどっしりとしたのが伝統的な京都ラーメンです。

その代表的なお店といえば、京都駅のたかばしにある「第一旭たかばし本店」もしくは「新福菜館本店」でしょう。

それら京都トラディショナルなラーメンからすると、来来亭は背脂が載っていて一味唐辛子がかかっているというオリジナリティはありますが、基本は京都ラーメンの星を引き継ぐ者です。

そして、うまい!

なぜに、関東にさっさと展開しないのか、もどかしいです。

FC早いもん勝ちだとおもうんですがね~(笑)。

ともあれ、ごちそうさまです。
是非にまたいただきにあがりたいものです。



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

夜明けのマー油 - 桂花の朝ラーメン
20100621keika

午前中は新宿。

では、朝食は桂花でさっぱりとした一杯の熊本ラーメンを・・・(藁)

ということで、今年3月から「朝ラーメン」なるものを始めたという「桂花ラーメン新宿ふあんてん新店」へうかがいました。

ああ、「Tokyo Walker・東京ウォーカー」「めざましてれび」によるブーム喚起にムザムザとノセられている感が否めませんな・・・w

ともあれ、ラーヲタとしては気になるものは食べぬと体に悪いので、怪しげな地下2階へ颯爽と潜るのですw。

階段を降りる際には、油でスリッピーなステップに気をつけましょうw。

20100621asaramen

さて、無事に地下2階に降り立ち券売機でチケットを購入。

「朝ラーメン」は500円也。

先日いただいた「六厘舎TOKYO」「朝つけ」は、昼の通常メニューよりも若干マイルドにしてあり、朝でも食べやすい工夫がほどこされていました。

桂花さんはというと・・・

こってり白濁した濃厚とんこつスープに、

硬めに茹でられた細麺、

熊本ラーメンの代名詞ともいえるマー油、ニンニクの香りが素晴らしい・・・


あら、通常のお味と変わらないようです・・・w

(トッピングは通常の桂花ラーメンより少なくシンプルです。)

ということですので、午前中、狭い会議室でミーティングなどがある場合はご注意ください・・・w
私は広いミーティングスペースなので難を逃れました。(多分・・・、自分ぢゃわからないw)

ともあれ、ごちそうさまでした~。
出勤前にいただくというよりも、歌舞伎町で夜を明かした締めにいただくというのが、この桂花の朝ラーメンの正しい作法なのかもしれませんね・・・(笑)。


・・・・・



ところで、「めざましテレビ」ココ調の朝ラーメン特集は明朝放映のようです。
この「桂花ラーメン新宿ふあんてん新店」も紹介されるかな?



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

朝ラーメンの「めざましテレビ」
201006rokurinsya

霞が関へ朝から出かける用事があり、東京駅で乗り換え。

おお、千載一遇のオポチュニティ~!

東京駅の「六厘舎TOKYO店」にて「朝つけ」をいただく絶好の機会なのです~。

六厘舎は大崎本店の行列もさることながら、東京八重洲の地下にある東京ラーメンストリートでも屈指の行列店。

ここの極太麺&濃厚つけ汁の魚介とんこつつけ麺にはまる人は多いんでしょうねぇ。

さりとて、平日でも行列しているお店ですから食べられずに臍をかんでいる勤め人はさぞや多いことでしょう。

でも、「六厘舎TOKYO店」では朝営業があるんです。
今年1月から8時~10時(LO 9:45)に朝用の特別メニューで営業されているのです。

ということで、用事の時間よりも無理して早めの東京駅なり(笑)。

・・・

さて、食券を購入しカウンターで待っていると、なんだか店内に違和感を感じます。

なんだろうかと思い見上げると、天井すみにカメラが設置してありその下にはちいさなモニターがあるのです。
そのモニターを見ると私も含めた店内の様子が映っています。
そして、その機材にはあのフジテレビの紋章が飾られています。

ふと眼をやると、店先にはカメラクルー・・・。
店内にいた撮影スタッフのお兄さんに聞くと、「めざましテレビ」のココ調とのこと。
テーマを問えば、「朝からラーメン食べてるひとたち」の取材・・・・・(笑)。

格好のテレビネタの一部分になっている私・・・w。

まあそんなことは気にせず、「朝つけ」(\580)をいただきました~。

定常メニューのつけ麺とは異なり、麺はやや細めで、つけ汁はややマイルドなのですが、
やはりうまいですねぇ。もっちりとした浅草開化楼の麺がとてもイイです~。

とはいえ、カメラが気になってあまり食べた気がしなかったのが、実情なり・・・w
スープ割りはセルフでいただき、ごちそうさまでした~。

201006naoji

ところで「朝ラーメン」というのはそんなに「ナウ」なテーマなのかしら。

目立ったところでは、4月にオープンした新橋駅の「つけ麺なおじ」。こちらは朝6時から営業。

でも、特にとりたてずとも以前から「朝ラーメン」はありますよね。

たとえば、東京駅の「ラーメン粋家」は5月末に閉店してしまいましたが、7時からの朝ラーメンがありました。

新宿駅京王地下の「らーめん亭」「モーニングラーメン」なるものがあったはず。

JR新杉田駅にある横浜家系本家「吉村家」の直系「杉田家」は朝5時からの営業

「井上」を代表とする築地市場近くのラーメン店は4時、5時からの営業。

喜多方のラーメン店は朝から営業していることが多く、朝はラーメンを食す地元のひとも多いことは有名ですね。

京都では私の大好きな「第一旭たかばし本店」が朝5時からですし、隣の「新福菜館」も朝7時半からです。

また、京急鶴見駅には「せたが屋京急鶴見店」は朝8時から「朝らーめん」(\480)を提供。

熊本ラーメンの「桂花ラーメン新宿ふぁんてん新店」では、4時から10時までマー油香る「朝ラーメン」(\500)がいただけます。(6/21追記)

ということで、「めざましテレビ」の企画はいまさらなにを・・・といった感もいなめませんが、私の知らないところで最近朝ラーメンをはじめているお店が少なからずあるのかもしれませんね。

とはいえ、行動も嗜好も多様化していますから、誰が何時に何を食らおうが大きなおせわなのです(笑)。
単純に、ラーメンフリークとしては、朝からラーメンが食べられるお店が増えることは、喜ばしいことです。

さて、取材の放映は今度の「めざましどようび」22日(火)の「めざましテレビ」
周りをキョロキョロみながら落ち着きなくカウンターに座っている男がいたら、それは私です・・・(笑)。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

フライの名店「いわ瀬」@熊谷
20100607iwase

熊谷ツアーのつづき(間、開き過ぎですが・・・w)

ホルモン焼きを食べた後は、しばらく歩いて2軒目のお店へ向かいます。

うかがったのは、「いわ瀬」さん。

「フライ」をいただきにあがりましょう!

20100607iwase_fry
「やさいフライ」(\400)、「肉玉フライ」(\400)

「フライ」は埼玉北部、熊谷や行田におけるローカルフード。

誤解を恐れずにいえば、「安っぽいお好み焼き」なのです(笑)。

ただ、そのジャンクさがたまりません!私にとってはお好み焼きよりもフライに軍配。

つまみとしては、お好み焼きは具だくさんで重すぎるのです。

とはいえお好み焼きに劣らぬ食感ですぞ。

ソースたっぷりで焼きあがったさっくりふわふわの生地がたまりませんねぇ。

20100607iwase_yakisoba
「やきそば」(\350)

そして、フライと一緒にいただかなければならないのが「やきそば」

エッジの立った断面四角の麺は、加水率が低く歯ごたえのあるもの。

おもしろいのは、麺を焼き上げたあとにソースをかけてあるところ。

ソースと絡めて焼き上げるのになれている私にとっては、この味覚は珍しくも楽しい。

この焼き方が、べったりと重くならずに軽めの仕上がりにしているようです。

これもまた、ビールのあてによろしいようで。


フライとやきそばとビール。ああ、すばらしき組み合わせです。

ただ、注意しなければならないのは、こちらの「いわ瀬」さんは16時までしか営業していないところ。

まあ、その営業時間を理由に昼から飲めるから、酒飲みにはいいのかなぁ(笑)。

ともあれ、ごちそうさまでした。家の近所にほしいお店です~。

いわ瀬
埼玉県熊谷市鎌倉町10
048-522-4868
11:00~16:00
水曜定休



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

プレオープン試食会「頑者」@ ラー博



埼玉県川越にある「頑者」が6月2日よりラーメン博物館にオープン。
機会があって、オープン前日にプレオープン試食会にうかがいました。

いただいたのは「つけめん」(通常¥900)

濃厚なとんこつ魚介系のつけ汁にはこの頑者が発祥といわれる魚粉が盛られています。対する麺は濃厚つけ
汁に負けない極太麺。
身のつまりの良いしっかりとした極太?に濃厚魚介スープがとてもマッチ。

これは美味いですねぇ。

特にこの極太麺には弾力があってうまみがあって特に良いですね。頑者は、「ひかり/光」、「Under Ground
Ramen」を含めて、3店舗を運営する頑者グループ。もともと、実家が製麺所の息子さんたちの営むラーメン店
ですから、麺がうまくないわけがありません。

ただ、頑者のラーメンもいただきたかったですね。
ラー博店ではつけ麺だけの取り扱いなのです。

ともあれ、ごちそうさまでした。
行列必至のお店です。麺の茹で時間も長いですしね・・・(笑)

ラーメン博物館においては、「駅」以来の久々にちゃんとしたラーメン店のオープンかなw



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

熊谷 ホルモン焼 水よし本店
20100601mizuyoshi

うーん、熊谷は遠い。

学生時代の友人たちとの飲み会がなぜか熊谷で。

うかがったのは「ホルモン焼 水よし本店」

お昼から満席、煙モクモクの繁盛店です。


20100601holumon

いただいたのは、カシラ(ほほ肉)、ホルモン(腸)、ハラミ(横隔膜)、ナンコツ(豚食道・気道)、ガツ(豚胃)、テッポウ(直腸)、レバーといったところ。

肉には基本的に味はついておらず、特製のみそだれをつけていただきます。
お好みで卓上の塩、コショウを使います。

七輪の年季の入った鉄網にのせてワイルドに焼いていただきます。

いやはや、野趣あふれるすばらしいお味です。

ただ、ホルモンはボイルしたものでした。ちょっと残念。


20100601tonzeel

締めは「とん汁」(\200)。

少々の豚の肉片と長ネギだけのシンプルな豚汁。

一般的な具だくさんの豚汁とは異なる一品ですが、これはこれで旨いのです。

すっきりとしていながらもしっかりとした豚の旨みが出ているスープ。
新鮮で甘みのある長ネギも素晴らしい。

肉もうまかったですが、私の一押しはこの「とん汁」かな・・・w


ともあれ、ごちそうさまでした。

おじさんの「お一人さま」が比較的多かったですね。それだけ地元に愛されているお店なのでしょう。

熊谷にうかがったときには、ぜひとも入店しておきたいお店です~

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

鎌田醤油の「だし醤油」
20100531dashisyoyu1

いただきもののお醤油。

冷奴にかけると、その旨さがはっきりとわかります。

香川県の鎌田醤油製の「低塩だし醤油」です。

讃岐醤油にサバ節、カツオ武士、昆布の天然材料のだしをガッツリと効かせた逸品。


20100531kamadashoyu

一番おいしいのは、TKGかな・・・。

生卵のまろやかさと、だしが効いた醤油の旨みが、ふっくらごはんによくなじみます~。
うーん、うますぎます・・・。

TKGのお伴にお勧めです~。

しかし、TKGって誰が言い出したんだろ。
一過性のバズワードとなるか、はたまた広辞苑に載るのかどうか、あたたかく見守っていきましょう・・・(笑)。




鎌田醤油は坂出市にある創業200年超を誇る、由緒ある醤油屋さんなんですね。
普通のだし醤油もあるようなので、今度買ってみましょう。



テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

Why not find your new realities?

 食とは、味はもちろんのこと、サービス、価格、雰囲気、タイミングなどの複雑な要素の織りなす重要な活動です。それは一般的な消費者たる私たちにとっても単なる消費行為ではなく、そこから受けるおいしさや楽しさにより生産的行為となっているはずです。

 そこには新しい発想、新しい知覚、新しいコミュニケーションが存在するのです。それらは、すぐそこにあります。その新しい現実をご一緒に発見し、確認していきましょう。

 とはいえ、この活動は「内食」すなわち家庭の食事をないがしろにするものではありません。さりとて、単身赴任、孤食、常態的残業、夜間の塾通いなど、旧来の「暖かい食卓」を求めるには難しい世情となっているのが現状です。そういった現実とのバランスをとりながら、新しい現実を探求する必要があるのでしょう。


copyright © 2005 新しい現実 -The New Realities (Rebirth)- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。